ライブラリ

よくある質問(FAQ)

デカップリングコンデンサの静電容量

Q:   デカップリングコンデンサの静電容量についてですが、データシートの図28の代表的な接続図では1μFを取付けています。AVCCの合計静電容量は、少なくとも1μF以上と考えればいいでしょうか。またデカップリングコンデンサの静電容量についてですが、データシートの図28の代表的な接続図では1μFを取付けています。AVCCの合計静電容量は、少なくとも1μF以上と考えればいいでしょうか。

A:   電源デカップリングのかなめは、各電源入力ピンにおけるACインピーダンスを如何に小さくするかということです。特に高速あるいは高精度の回路では、複数の電源入力ピンを持ち、それぞれが十分に低ACインピーダンスとなるようデカップリングされる必要があります。従って合計の静電容量というより、如何に各ピンでの配線が短く、低インダクタンスにするかという、広い周波数帯域に渡り低インピーダンスを保つことに重点が置かれます。そのためAD7656のようなデバイスでは各ピンごとにそれぞれカップリングをする必要があります。パラレルにコンデンサをつける意味は、各周波数でのインピーダンスを下げる意味があり、片方だけでは必要な帯域をカバーできないからです。面倒ですが、最高性能を引き出すためには、各電源ピン毎にデカップリングしてください。