ライブラリ

よくある質問(FAQ)

電源と基準電源を共用した時のデカップリング方法。

Q:   データシートに、Vdd電源をREFから供給する回路が掲載されています。 例えば、Vio=+3.3V、Vdd=+5V(=REF)とする場合、両ピンの間にある1uFのコンデンサは、どちらのピンに付けるのでしょうか。 また、その場合、容量は1uFのままで良いのでしょうか。 なお、付けない方のピンには、0.1uF程度のパスコンを付けたほうが良いのでしょうか。

A:   VDDをREF電圧から供給する回路は英文データシート(Rev.B)のFigure 33をご参照ください。 この回路では、VDD、VIOが同じ電圧となっていますがVIOを分離して3.3Vに接続し100nFのコンデンサーでデカップリングを行ってください。