AD9747 - FAQ

コンバータのアナログ部とデジタル部の分離

Q:  回路のアナログ部とデジタル部分離したいと考えています。 アナログ用とデジタル用で全く別の電源を用意し、コンバータのREF+、REF–、 AINはアナログ電源に、VDD/GND/通信インターフェースはデジタル電源に、というような配線をしても問題ないでしょうか。

A:  VDDはアナログ電源とすることをお勧めいたします。またREF+/REF–/AINにはGND – 0.3V ≤ (REF+, REF–, AIN) ≤ VDD+0.3Vの制限がありますので、別電源とした場合、この制限を越える状態が発生しないように注意してください。

AD9747をSPI制御なしに動作させることが出来ますか

Q:   AD9747(Dual-DAC)の ハードリセットにより、SPI制御無しに単純な2ch-DACとして使用できますか。 その時の使用方法として250MHz、2ポート動作、CMOSを想定しています。 DAC Mode=normal、Data Control=normal two port inputで各ポート独立に2ch-DAC として使用できますか。

A:  AD9747はRESETにより初期状態のレジスタ設定で動作させた場合、2チャンネルのDACとして動作させることが出来ますがデータの取り込みは同じとなり別々のタイミングで動作 させることは出来ません。

AD9747のExposed Pad(金属放熱パッド)はどこに接続するのでしょうか。

Q:   AD9747BCPZのExposed Thermal PadはデータシートにはGNDに接続するように記述がありますがAVSS(アナログ),DVSS(デジタル)のどちらに接続したらよいでしょうか。

A:   AD9747のExposed PADはノイズの少ないAVSS(アナログ)へ接続してください。

DAC Clockのデューティは?

Q:DAC CLOCK INPUTS(CLKP,CLKN)のデューティ比の許容差はどれぐらいでしょうか。

A:クロック入力は、デューテイ40%~60%で使用してください。