製品概要

機能と利点

  • YoctoベースのLinuxオペレーティング・システム。バージョン2.6.2(Thud)Yoctoリリースに基づく。
  • Linuxカーネルの4.19LTSリリースを使用
  • U-Bootブートローダ
  • すべてのADSP-SC5xx開発ボードをサポート
  • 以下を含むオンチップ・ペリフェラルおよびオフチップ・ペリフェラル用のデバイス・ドライバ・サポート
    • USB
    • イーサネット
    • MMC
    • Linkport
    • UART
    • SPI
  • Remoteproc機能を使用してSHARC+コアの管理とSHARC+コアへのロードを行うことが可能
  • コア間通信のためのMulticore Communication API(MCAPI)を実装
  • Wikiベースの技術文書
  • 複数の例

製品概要

ADSP-SC5xxプロセッサ用Yocto Linuxは、ADSP-SC5xxプロセッサ・ファミリ向けにオープン・ソース・オペレーティング・システムを提供します。本製品は、追加の設定をすることなく、アナログ・デバイセズのADSP-SC5xx EZ-KIT評価用ボードとADSP-SC589 SHARCオーディオ・モジュールをサポートできます。

最新のYoctoビルド・フレームワークに基づいたADSP-SC5xxプロセッサ用Linuxにより、ユーザは、システムをADSP-SC5xx EZ-KITボード用に設計し、オペレーティング・システムとファイル・システムの両方をハードウェアおよびアプリケーションのニーズに合うよう迅速にカスタマイズできます。

本製品がサポートするオンチップ・ペリフェラルおよびEZ-KITが提供するペリフェラルには次のものが含まれます。

  • 10/100イーサネット
  • ギガビット・イーサネット
  • USB(ホスト、ガジェット)
  • CAN
  • GPIO
  • I2C
  • Linkport
  • MMC/SD
  • RTC
  • ロータリ・セレクタ
  • SPI
  • UART

 

次のハードウェア機能に対するサポートが追加されているため、アプリケーションの開発をより迅速に行うことができます。

  • CPU周波数制御
  • DMAの動作
  • マルチコア通信(MCAPI)
  • SHARC+コア制御(Remoteproc)
  • フラッシュからのブート、SDカード、ネットワーク

 

ダウンロードおよび関連ソフトウェア

Software Development Kit

CrossCore Embedded Studio (Rev 2.8.3)

This release of the Linux Add-In is only compatible with CrossCore Embedded Studio version 2.8.3. Newer versions of CrossCore Embedded Studio are not compatible with this version of the Linux Add-In.

関連するハードウェア (4)

開発 プラットフォーム

EZ-Kits

ディスカッション