製品概要

機能と利点

  • OpenCV like APIs: Most modules are bit exact with OpenCV. Native ADI APIs also supported.
  • Image Size: Configurable.
  • Color Conversion, Convolution, Correlation, Sobel, Morphology and RANSAC.
  • Linear/Extended/Unscented Kalman filter.
  • Image Pyramids/Filters, Matrix/Vector Operations, Integral Iimage.
  • Hough Transform, Optical flow, Pyramidal Optical Flow, Corner Detection, Contours, Haar Features
  • RLE, Packed_RLE, Statistical Tools like Histogram.
  • Re-entrancy: Supported
  • Conformance Standard: None
  • Framework Dependencies: None
  • Release Format: Object code module with C source wrapper.
  • Input Format: Configurable – One of the following RGB888, YUV444 packed YUV400 8-bit, YUV400 16-bit, HSV888, binary YUV 8-bit, binary YUV 16-bit.
  • Output Format: Configurable – One of the following RGB888, YUV444 packed YUV400 8-bit, YUV400 16-bit, HSV888, binary YUV 8-bit, binary YUV 16-bit, matrix/vector, Gray scale video.

製品概要

Blackfinイメージ・プロセッシング・ツールボックスは、複雑な画像/ビデオ処理ソリューションの開発期間を短縮するためのBlackfin上で動作する画像処理プリミティブ群です。これらのプリミティブ関数群は、アナログ・デバイセズのBlackfin BF-5xxおよびBF-60xプロセッサ・ファミリーで実行するために最適化されています。このツールボックスは自立型のソフトウェア・モジュールです。このツールボックスのライブラリはMISRA-Cに準拠しています。

この製品は、プリミティブ向けCリファレンス・コードとOpenCVライクなAPIのラッパー・コードも提供します。さらに、Blackfin上のこのプリミティブの使用法がわかるデモ・コードも提供されています。


実装されているコードは、L1とL3(SDRAM/DDRAMのような外部メモリ)どちらのメモリ内にある画像に対しても使用することができます。メモリ間転送用のAPIを使用すれば、データをL3からL1に移動したり、MDMAを使ってデータを返したりすることができます。

ダウンロードおよび関連ソフトウェア

Software Development Tools

VisualDSP++ 5.1

VisualDSP++は、Blackfin、SHARC および TigerSHARC プロセッサ向けの、イングル・インターフェースでプロジェクトの効率的な管理を可能とする開発・デバック環境ソフトウェアです。

CrossCore Embedded Studio

CrossCore® Embedded Studio is a world-class integrated development environment (IDE) for the Analog Devices Blackfin®, SHARC® and ARM processor families.

ライセンス

Each module supports the Analog Devices, Inc. (ADI) Blackfin or SHARC Processor family and is a licensed product that is available in object code format. Recipients must sign or accept a license agreement with ADI prior to being shipped or downloading the modules identified in the license agreement.

パフォーマンス測定基準

MIPS summary:

  Memory (Bytes)
Performance
Module
Code
Stack
Data RAM
Data ROM
Average Cycles / pel
MIPS
adi_RGB2GRAY
168 12 0 0 3.43 13.49
adi_conv2D3by3_8
1502 60 0 0 9.82 38.63
adi_erosion-(rectangle)
1182 28 60 0 4.17 16.40
adi_dilation-(rectangle)
1190 28 60 0 4.18 16.44
adi_sobel_3x3_horz_i8
388 24 0 0 2.73 10.75
adi_mean_8bit
92 8 0 0 0.71 2.79
adi_hist_i8
500
32 0 0 6.29
24.73
adi_HoughVoting (6.18% non Zero pixels)
230
28
0 0 207
50.30
adi_IntegralSum_i8
118
4
0 0 3.11
12.23
adi_median_i8
336
36
0 0 12.76
50.17
adi_KalmanPredict
792
148
0 0 2999
0
adi_contour_segment_image
394
120
0 0 21.99
0.13
adi_RLE_8bit
78
16 0 0 6.90 0.11



  • MIPS measured optimal memory layout, on ADSP BF533
  • For the optimal memory layout, all code and data used by the module was L3 cached and the input/output buffers were filled using MDMA memory
  • "Data RAM" for one instance, includes Stack, Scratch, Instance/Stage, Minimum Input and Output Single Buffers
  • 1 KiB = 1024 Bytes
  • ADSP-BF561 supported for VisualDSP++5.1.1 project and ADSP-BF533, ADSP-BF609 and ADSP-BF707 for CrossCore Embedded Studio 1.1.0 projects

For a more complete list of image processing primitives download the code and review the specification document in it.

システム条件

  • Windows XP Professional SP3(32ビットのみ)
  • Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP2(32ビットのみ)。非UAC保護ロケーションへのソフトウェア・インストールを推奨します。
  • Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate(32ビット、64ビット)。非UAC保護ロケーションへのソフトウェア・インストールを推奨します。
  • 最低2GHzのシングル・コア・プロセッサ。3.3GHzのデュアル・コアを推奨します。
  • 最低1GBのメモリ(RAM)。4GBを推奨します。
  • 最低2GBハードディスク(HDD)スペースが必要です。
  • アナログ・デバイセズ・プロセッサ用のCrossCore® Embedded Studio
  • アナログ・デバイセズ・プロセッサ用のVisualDSP++

関連するハードウェア (6)

EZ-Kits

Extender Boards

BLIP プラットフォーム

ディスカッション