製品概要

機能と利点

  • トランスポートストリーム:トランスポート層機能なし
  • 出力ステータス:サンプル・レート、ビット・レート、その他
  • 早送り/巻き戻し:トランスポート層に備わった再同期機能
  • 拡張テスト・ベクタ・テスト:Dolby Laboratoriesのすべてのテスト・ベクタに適合
  • エラー・コード:最大12のエラー・コードをレポート(無効な同期ワード、CRCエラーなど)
  • カラオケ機能:AC-3規格Annex Bの定義に準拠
  • 適合性規格:ATSC規格A/52 - 1995 + Annex D、デジタル・オーディオ圧縮(AC-3)ドルビー・デジタル・デコーダ実装試験手順Issue 2
  • リファレンス・コード改訂:ドルビー・デジタル・デコーダCソース・コード・バージョン7.1.0
  • フレームワーク依存関係:なし
  • リリース・フォーマット:オブジェクト・コード・モジュール(C言語のソース・ラッパー付き)
  • 入力フォーマット:未加工AC-3ビット・ストリーム
  • ブロックごとの出力バッファ・サンプル数:256
  • 出力フォーマット:各出力バッファの位置が設定可能な標準的な32ビットPCM出力で定義されたすべての構成において、最大5.1出力チャンネルに対応。
  • サンプル・レート:AC-3規格で仕様規定されているすべてのサンプル周波数 (32kHz、44.1kHz、48kHz)
  • ビット・レート:すべてのビット・レートはAC-3規格により32~640kbpsに仕様規定
  • マルチチャンネル:リエントラントとマルチインスタンスに完全対応

製品概要

アナログ・デバイセズのBlackfinプロセッサ用Dolby®デジタル(AC-3)5.1デコーダ・ライブラリは、ドルビー・デジタル民生用デコーダ(DDCD)を実装し、高度テレビジョンシステム委員会(ATSC)のAC-3規格に準拠しています。この実装はDolby Laboratories, Incによって認定されています。AC3デコーダは、アナログ・デバイセズのBlackfinプロセッサ・ファミリで実行できるよう高度に最適化されています。これは自己完結型のソフトウェア・モジュールで、ドルビー適合性仕様に完全に準拠しています。モジュールには、C言語から呼び出し可能な標準的「プッシュ」APIに加え、軽量の「ラッパー」コードを追加することで「プル」(または「ポール」)を使用できる柔軟性があります。コードは命令およびデータ・キャッシュを使用して実装され、プロセッサのペリフェラルやレジスタに依存しないため、システムの柔軟性と使いやすさが向上します。

ライセンス

各モジュールはアナログ・デバイセズ(ADI)のBlackfinまたはSHARCプロセッサ・ファミリに対応しており、オブジェクト・コード・フォーマットで使用可能なライセンスを取得済みの製品です。この製品の受領に際しては、アナログ・デバイセズとのライセンス契約に署名または同意した後に、そのライセンス契約で指定されたモジュールの出荷を受けるかダウンロードする必要があります。

パフォーマンス測定基準

MIPSの概要:

コード・メモリ(KiB) データRAM(KiB)
定数データ・テーブル(KiB)
MIPS
平均
ピーク
25.5 26.0 12.8 44.1 54.9


  • MIPSの測定は、384kbpsのビット・レート、Fs=48kHz、最適なメモリ・レイアウト、最も厳しいケースのテスト・ベクタ、ADSP-BF533 v. 0.3プロセッサを使用。
  • 1つのインスタンス用の「データRAM」には、スクラッチ、インスタンス、最小限の入出力単一バッファが含まれます。
  • 1 KiB = 1024バイト。

システム条件

  • Windows XP Professional SP3(32ビットのみ)。
  • Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP2(32ビットのみ)。ソフトウェアは非UAC保護ロケーションにインストールすることを推奨します。
  • Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate(32ビットおよび64ビット)。ソフトウェアは非UAC保護ロケーションにインストールすることを推奨します。
  • 最小2GHzのシングル・コア・プロセッサ。3.3GHzのデュアル・コアを推奨。
  • 最小1GBのメモリ(RAM)。4GBを推奨。
  • 最小2GBのハード・ディスク(HDD)容量が必要。

関連するハードウェア (1)

Extender Boards

ディスカッション