製品概要

機能と利点

  • Audio、CDC/ACM、HID、MSC、PHDC そしてベンダーの各デバイス・クラスに対応します。
  • CrossCore Embedded Studio向けのuC/USB Deviceスタックにはリアルタイム・オペレーティング・システム(RTOS)が必要です。
  • CrossCore Embedded Studioからシームレスに使うことができます。
  • CrossCore Embedded Studioユーザ・インターフェース・ウィンドウからのUSBスタックとデバイス・クラス設定に対応します。
  • Full SpeedとHigh SpeedのUSB接続に対応します。
  • バルク、制御、割込みの各転送タイプに対応します。
  • USB標準リクエストに応答できます。
  • 必要な機能だけを搭載してコード・サイズを調整できます。
  • USB 1.1とUSB 2.0に対応します。
  • すぐに利用できるサンプル(クラスごとに1つ)を提供します。
  • CrossCore Embedded Studio向けのµC/OS-III™とともに、スレッドベースのUSBソリューションを提供します。

製品概要

CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device™ Stackは、アナログ・デバイセズとMicriµm社との協業によって生まれた、組込みアプリケーション向けの使いやすいUSBスタック製品です。µC/USB Device™ Stackは、アナログ・デバイセズのADSP-BF60xプロセッサ・ファミリーなど、USBデバイス・コントローラを搭載したプロセッサ向けに設計されています。このスタックを使用するには、CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device Coreのほか、下記の1つまたは複数のデバイス・クラスが必要です。

µC/USB Device Stackはハードウェア抽象化レイヤであり、アナログ・デバイセズのプロセッサ・ファミリーが対応する任意のUSBデバイス・コントローラと簡単に連携できるように変更されています。一般的なデバイス・クラス(マス・ストレージ、CDC、HID、PHDC)向けのドライバも提供します。ベンダー固有のクラス・ドライバを開発するためのフレームワークも提供しています。 µC/USB Device Stackは、モジュール式のアーキテクチャを採用しており、アプリケーションとハードウェアの間に3つのソフトウェア・レイヤがあります。

  • Classレイヤは、1つまたは複数のクラス・ドライバを使用してホストに機能を提供します。各クラス・ドライバはクラス固有のリクエストに応答し、機能の制御と情報の送受信のためのAPIを提供します。
  • Device Coreレイヤは、パケットの送受信を制御し、enumeration(ホストがUSB機器情報を学習するプロセス)時に標準的なホスト・リクエストに応答します。
  • Device Controllerレイヤは、デバイス・コントローラに接続して割込みの処理、デバイス・コアへのバス・イベントの通知、パケットの送受信を行います。

クラス・サポート
複数の汎用デバイス・クラス向けに製品が提供されます:Mass Storage(MSC)、 Communications Device(CDC)、Human Input Device(HID)、Personal Healthcare Device(PHDC)。さらに開発中のベンダー固有USBデバイス向けのベンダー固有クラスも用意しています。

クラス製品は:

CrossCore® Embedded Studio向けのµC/USB Device Class™ Class Audio - オーディオ・クラスは、ホストPCへ、またはホストPCからオーディオをストリーミングすることを可能にします。また、スピーカーやヘッドセット、マイクなどのオーディオ・デバイスへのサポートを提供いたします。

CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device Class CDC-ACM - 通信デバイス・クラス(CDC)には、複数の通信モデルが含まれています。アブストラクト・コントロール・モデル(ACM)はUSBデバイスをシリアル通信デバイスに変換し、ターゲットがホストによってシリアル・インターフェース(USB2COM、仮想COMポート)として認識されます。代表的なアプリケーションは、モデム、電話システム、ファックスなどです。

CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device Class HID- ヒューマン・インターフェース・デバイス(HID)クラスは、任意のユーザ入力デバイスを実装できます。ベンダー固有の通信プロトコルを使用して、特別なホスト・ドライバなしにホストとの通信にも使用できます。代表的なアプリケーションは、マウス、キーボード、ゲーム・パッドなどです。

CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device Class MSC - マス・ストレージ・クラス(MSC)は、組込みターゲット・デバイスをUSB大容量記憶装置として使用できるようにします。代表的なアプリケーションは、USBメモリ・スティック、デジタル・カメラ、MP3プレーヤ、DVDプレーヤなどです。

CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device Class PHDC- パーソナル・ヘルスケア・デバイス・クラス(PHDC)は、組込みターゲットをパーソナル・ヘルスケア機器用にセットアップし、ベンダー定義またはIEEE-11073ベースのプロトコルを使用できるようにします。代表的なアプリケーションは、血糖測定器、血圧計、体重計などです。

CrossCore Embedded Studio向けのµC/USB Device Class Vendor - ベンダー・クラスは、バルク転送や割込み転送を利用する独自のベンダー固有クラスの開発(アプリケーション・レベル)を可能にします。これには、専用のホスト・ドライバが必要になるでしょう。たとえば、Microsoft Windowsなどはこの種のデバイスにネイティブ対応していません。

オーダー情報
製品番号: AD-UCUSBD-SPRD

ダウンロードおよび関連ソフトウェア

Product Downloads

設計ツール

SHARC プロセッサ ソフトウェア&ツール

SHARC プロセッサ ソフトウェア&ツールの一覧を掲載しております。

Middleware

Micriµm µC/OS-II

The Micriµm µC/OS-II® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.

Micriµm µC/OS-III

The Micriµm µC/OS-III® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.

MICRΜIM-ΜC-FS

CROSSCORE® EMBEDDED STUDIO向けのµC/FS File System

Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack

The Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack for CrossCore Embedded Studio is and implementation of this widely accepted TCP/IP stack for embedded platforms supporting most of the networking protocols in the TCP/IP suite.

Micrium µC/USB Host

µC/USB Host Stack for CrossCore Embedded Studio (CCES) is the result of a partnership between Analog Devices and Micriµm to provide a user-friendly programming environment for embedded applications requiring USB Host functionality.

ライセンス

Micrium based CrossCore Software License Options


Single Product License
A Single Product License allows the licensee to embed the software into one specific customer identified end-product. Each end-product can be produced in an unlimited number of units, for the lifetime of that one specific end-product. An end-product refers to a product manufactured by the licensee using the software. Each end-product is assumed to contain a single microprocessor, microcontroller or DSP.


Product Line License (Product Family License)
A Product Line License (also known as a Product Family License) allows the licensee to embed the software into an unlimited number of different “Single Products? as long as each such product performs a similar function. For example, all commercial washing machines would be considered being part of a product family. Commercial “dryers? would be considered being part of a different family of products. Each end-product within the product family can be produced in an unlimited quantity, for the lifetime of the end-products belonging to the product family.


CPU-Type License (Platform License)
A CPU-Type License allows the licensee to embed the software into any number of different end-products using a single and specific processor type. The license holder may manufacture an unlimited number of units of each of these different end-products for the life of the end-product that uses the specific licensed processor type from ADI (or its affiliates). The processor type is defined as being part of the same family. For example; Blackfin® (for example, Blackfin® ADSP-BFxxx).


Site License
A Site License allows the licensee to embed the software into any end-product that uses any CPU as long as the products are designed at a single physical site. A site is defined as licensee facilities where a product is being developed and may consist of multiple buildings located within a two (2) mile radius building one or more end-products.


Common to all Micriµm based CrossCore Embedded Studio Add-in licenses:

  • Licenses are royalty free.
  • Licenses are perpetual for the life of the customer end-product.
  • One year of maintenance is included with each license. The maintenance period begins when the product is first licensed.
  • Subsequent years of maintenance are optional but highly recommended so that upgrades, improvements, bug fixes etc. are continually provided.
  • For pricing on additional Micriµm based CrossCore Software license options, please Contact ADI
  • For a more complete list of µC/USB Device Stack parts refer to this document

Maintenance Policy: A CrossCore Embedded Studio license includes one year of updates, upgrades and lifetime support. The optional annual maintenance provides access to updates and upgrades released during the maintenance period. Updates released after the maintenance period will not run until maintenance is renewed. Renewing maintenance provides instant access to all previous updates. Annual maintenance is 20% of book price for each license option, for additional information please Contact ADI

Evaluation Version Reminder: A reminder that once your evaluation of uCOS-III or uCOS-II Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio is complete, and you decide to use it in a commercial product, you must purchase a full license from Analog Devices to comply with our license terms and agreements.

Licensing to Colleges and Universities Policy: Developers from accredited colleges and universities can use µC/OS-III Real-Time Kernel for CCES without a license, as long as the software is used only for educational purposes or peaceful research.

システム条件

  • Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate(32および64ビット)。
  • Windows 8.1 Pro/Enterprise (32および64ビット)
  • Windows 10 Pro/Enterprise (32および64ビット)
  • 最小2 GHzのシングル・コア・プロセッサ。3.3 GHz以上のデュアル・コアを推奨します。
  • 最小1 GBのメモリ(RAM)。4 GB以上を推奨します。
  • 最小2 GBのハードディスク(HDD)空き領域が必要です。
  • USBポート1つ。

資料

ソフトウェア・マニュアル (2)

PDF
1.09 M
CrossCore® Software Licensing Guide (Rev. 1.9)

The Software Licensing Guide describes the licensing mechanism used by CrossCore Embedded Studio. It explains the different kinds of license and the conditions and implications of license expiry. It describes how to activate and validate licenses, and how to administer a corporate domain license.

関連するハードウェア (3)

EZ-Kits