製品概要

機能と利点

  • CrossCore Embedded Studioからシームレスに使うことができます。
  • プロセッサから独立したインターフェース
  • RAM/ROMの容量調整が可能
  • FAT12/16/32や長いファイル名(VFAT)などの完全なFATサポート
  • ファイルとディレクトリのアクセスのためのPOSIX互換インターフェース
  • ANSI CとMISRA-Cのコーディング規格に準拠
  • デバイスのフォーマットとパーティションの作成
  • 複数のデバイス(RAMDisk、SDカード)に対応
  • ファイル名のユニコード指定が可能
    (UTF-8)
     フェイルセーフのFAT動作のためのジャーナリング・コンポーネントはオプションです。
    別途インストールするパッケージとして提供しています。




製品概要

CrossCore Embedded Studio向けのµC/FS™ File Systemは、アナログ・デバイセズとMicriµmとの協業によって生まれた、コンパクトで信頼できる高性能なファイル・システムです。このファイル・システムは、アナログ・デバイセズのADSP-BF60x Blackfin®プロセッサ・ファミリーで動作するµC/FSアプリケーション向けの使いやすいプログラミング環境を提供し、CrossCore Embedded Studioとシームレスに一体化します。一貫性のあるクリーンなANSI Cソース・コードをベースにし、大部分のグローバル変数とすべての関数には充実したコメント記述があります。また、FATファイル・システムに対応し、主要なすべてのオペレーティング・システムで使用することができます。オプションのジャーナリング・コンポーネントによりフェイルセーフ動作が可能であり、FAT互換性も維持します。ジャーナリング・コンポーネントはアナログ・デバイセズから別途お求めください。

µC/FSのメモリ・フットプリントは、必要な機能と所望の実行時引数チェックのレベルに基づいてコンパイル時に調整できます。RAMに余裕がないアプリケーションの場合は、キャッシュや読出し/書込みバッファリングなどの機能を無効にできます。十分なRAMがあるアプリケーションでは、これらの機能を有効にして性能の向上を図ることができます。

µC/FSは、すべてのドライバがリエントラントであるため、同種類の媒体による複数のインスタンスを含め、複数の媒体に同時にアクセスできます。さらに、デバイス・ドライバが論理的であるため、1つのファイル・システムで複数の(一般には同一の)デバイスを処理することができます。

オーダー情報:
製品番号: AD-UCFS-SPRD

ダウンロードおよび関連ソフトウェア

設計ツール

SHARC プロセッサ ソフトウェア&ツール

SHARC プロセッサ ソフトウェア&ツールの一覧を掲載しております。

Software Development Tools

CrossCore® Embedded Studio

CrossCore® Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、ARMの各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

Middleware

Micriµm µC/OS-III

The Micriµm µC/OS-III® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.

Micriµm µC/OS-II

The Micriµm µC/OS-II® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.

Micriµm µC/USB Device

CrossCore® Embedded Studio向けµC/USB Device Stack

Micrium µC/USB Host

µC/USB Host Stack for CrossCore Embedded Studio (CCES) is the result of a partnership between Analog Devices and Micriµm to provide a user-friendly programming environment for embedded applications requiring USB Host functionality.

Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack

The Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack for CrossCore Embedded Studio is and implementation of this widely accepted TCP/IP stack for embedded platforms supporting most of the networking protocols in the TCP/IP suite.

ライセンス

Micrium based CrossCore Software License Options


Single Product License
A Single Product License allows the licensee to embed the software into one specific customer identified end-product. Each end-product can be produced in an unlimited number of units, for the lifetime of that one specific end-product. An end-product refers to a product manufactured by the licensee using the software. Each end-product is assumed to contain a single microprocessor, microcontroller or DSP.


Product Line License (Product Family License)
A Product Line License (also known as a Product Family License) allows the licensee to embed the software into an unlimited number of different “Single Products? as long as each such product performs a similar function. For example, all commercial washing machines would be considered being part of a product family. Commercial “dryers? would be considered being part of a different family of products. Each end-product within the product family can be produced in an unlimited quantity, for the lifetime of the end-products belonging to the product family.


CPU-Type License (Platform License)
A CPU-Type License allows the licensee to embed the software into any number of different end-products using a single and specific processor type. The license holder may manufacture an unlimited number of units of each of these different end-products for the life of the end-product that uses the specific licensed processor type from ADI (or its affiliates). The processor type is defined as being part of the same family. For example; Blackfin® (for example, Blackfin® ADSP-BFxxx).


Site License
A Site License allows the licensee to embed the software into any end-product that uses any CPU as long as the products are designed at a single physical site. A site is defined as licensee facilities where a product is being developed and may consist of multiple buildings located within a two (2) mile radius building one or more end-products.


Common to all Micriµm based CrossCore Embedded Studio Add-in licenses:

  • Licenses are royalty free.
  • Licenses are perpetual for the life of the customer end-product.
  • One year of maintenance is included with each license. The maintenance period begins when the product is first licensed.
  • Subsequent years of maintenance are optional but highly recommended so that upgrades, improvements, bug fixes etc. are continually provided.
  • For pricing on additional Micriµm based CrossCore Software license options, please Contact ADI
  • For a more complete list of µC/USB Device Stack parts refer to this document

Maintenance Policy: A CrossCore Embedded Studio license includes one year of updates, upgrades and lifetime support. The optional annual maintenance provides access to updates and upgrades released during the maintenance period. Updates released after the maintenance period will not run until maintenance is renewed. Renewing maintenance provides instant access to all previous updates. Annual maintenance is 20% of book price for each license option, for additional information please Contact ADI.


Evaluation Version Reminder: A reminder that once your evaluation of uCOS-III or uCOS-II Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio is complete, and you decide to use it in a commercial product, you must purchase a full license from Analog Devices to comply with our license terms and agreements.


Licensing to Colleges and Universities Policy: Developers from accredited colleges and universities can use µC/OS-III Real-Time Kernel for CCES without a license, as long as the software is used only for educational purposes or peaceful research.

システム条件

  • Windows XP Professional SP3(32ビットのみ)
  • Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP2(32ビットのみ)。ユーザーアカウント制御によって保護されていない場所にインストールすることを推奨します。
  • Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate(32および64ビット)。ユーザーアカウント制御によって保護されていない場所にインストールすることを推奨します。

  • 最小2 GHzのシングル・コア・プロセッサ。3.3 GHzのデュアル・コアを推奨します。
  • 最小1 GBのメモリ(RAM)。4 GBを推奨します。
  • 最小2 GBのハードディスク(HDD)空き領域が必要です。
  • アナログ・デバイセズ・プロセッサ用のCrossCore® Embedded Studioが必要です。

資料

ソフトウェア・マニュアル (2)

PDF
1.09 M
CrossCore® Software Licensing Guide (Rev. 2.0)

The Software Licensing Guide describes the licensing mechanism used by CrossCore Embedded Studio. It explains the different kinds of license and the conditions and implications of license expiry. It describes how to activate and validate licenses, and how to administer a corporate domain license.

関連するハードウェア (3)

EZ-Kits

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。