製品概要

機能と利点

  • 出力電圧範囲:最大35V
  • 接続を容易にするスクリュー端子
  • 外部直列ゲート抵抗のパッド配置
  • 容量性負荷テスト用のパッド配置
  • TO-220またはTO-252のIGBTまたはMOSFETをサポート
  • ブートストラップ・オプション
  • ハーフ・ブリッジの設定が容易になるジャンパ配置

製品概要

EVAL-ADuM4221-2EBZはADuM4221-2ハーフ・ブリッジ・ゲート・ドライバに対応しており、アナログ・デバイセズのiCoupler®技術を利用して、独立した絶縁ハイサイド/ローサイド出力を提供します。EVAL-ADuM4221-2EBZには、VIAおよびVIBを備えたADuM4221-2が搭載されています。EVAL-ADuM4221-2EBZは、様々な駆動条件を構成する、ジャンパとスクリュー端子を備えています。EVAL-ADuM4221-2EBZは、方形波およびVIA、VIB、DISABLEピンのDC値で動作します。

ADuM4221-2は2.5V~6.5Vの入力電源で動作し、より低電圧のシステムとの互換性も備えています。入力ピンにおけるロジック・レベル電圧は、VOAおよびVOBの出力を制御します。

ドライバには、ハイ・レベルが持続した場合に、チャンネルにおける入力に関係なくデバイスをシャットダウンさせる、DISABLE入力ピンが備わっています。

ADuM4221-2は、2次側では最大35Vの電圧で動作します。EVAL-ADuM4221-2EBZは、ハイサイド電源をローサイド電源にブートストラップする機能を備えています。EVAL-ADuM4221-2EBZを使用すると、デバイスの伝搬遅延、駆動能力、入力ロジックのテストを容易に行うことができます。EVAL-ADuM4221-2EBZは、絶縁型ゲート・バイポーラ・トランジスタ(IGBT)および金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)用のフットプリントを、TO-220およびTO-252パッケージ内に備えているため、様々な電源デバイスでADuM4221-2の評価を実行できます。

ADuM4221-2の詳細については、ADuM4221-2のデータシートを参照してください。EVAL-ADuM4221-2EBZを使用する際は、データシートと併せてユーザ・ガイドを参照してください。

対象となる製品

推奨システム動作環境

推奨試験装置

  • 1次側電源:100mAで0V~6.5V
  • 2次側電源(×2):250mAで0V~35V
  • 矩形波ジェネレータ:0V~5V

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。