製品概要

機能と利点

  • 絶縁グラウンド・プレーン(ロジック側およびバス側)
  • SMA端子による便利な接続
    • サイド1(VIN1とVDD1)およびサイド2(VIN2とVDD2)に3.3Vまたは2.5Vの電源投入
    • サイド1のグラウンド(GND1)およびサイド2のグラウンド(GND2
    • LVDS入力信号:DIN1+、DIN1−、DIN2+、DIN2−
    • LVDS出力信号:DOUT1+、DOUT1−、DOUT2+、DOUT2−
  • ジャンパで選択可能な3.3Vまたは2.5V電源
  • すべてのLVDSドライバとレシーバーに終端抵抗

製品概要

EVAL-ADN4654EB1Z、EVAL-ADN4655EB1Z、およびEVAL-ADN4656EB1Zを使用すると、外付け部品なしでADN4654/ADN4655/ADN4656低電圧差動伝送(LVDS)アイソレータを迅速かつ容易に評価できます。ADN4654/ADN4655/ADN4656では、アナログ・デバイセズのiCoupler®技術を採用し、2チャンネル・アイソレータとLVDSレシーバーおよびドライバを、単一の20ピン、ワイド・ボディSOICパッケージに統合しています。このデバイスは、低ジッタで最大1.1Gbpsのデータ・レートで動作できます。

この評価用ボードには、アイソレータの両側に別々のグラウンド・プレーンと電源プレーンがあります。この分離によって、デバイスの両側を電気的に絶縁してADN4654/ADN4655/ADN4656を評価できます。ジャンパで選択可能な3.3Vまたは2.5Vの電源はADN4654/ADN4655/ADN4656デバイスの両側に必要です。内蔵の低ドロップアウト・レギュレータ(LDO)を使用すると、2.5Vを外部の3.3V電源から供給できます。

ADN4654/ADN4655/ADN4656の全情報は、ADN4654/ADN4655/ADN4656のデータシートに記載されています。評価用ボードを使用する際は、このユーザ・ガイドとデータシートを併せて参照してください。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。