製品概要

機能と利点

  • オンボードLDOレギュレータによる簡単なパワーアップ
  • ポテンショメータでゲイン調整とデバイス・バイアス調整
  • コネクタ・ジャンパでLDOレギュレータをバイパスするオプション

製品概要

ADMV7310-EVALZ評価用ボードには、 ADMV7310本体と、​ADMV7310を素早く簡単に評価するために、低ドロップアウト(LDO)レギュレータ、ポテンショメータ、および導波バック・プレートが内蔵されています。LDOレギュレータにより、±5V電源でADMV7310に電源を供給できます。ポテンショメータで、様々なゲイン範囲のゲート調整ができます。

ADMV7310は、2GHzまでのDCの中間周波数(IF)入力範囲、および71GHz〜76GHzの無線周波数(RF)出力範囲内で作動する、完全に統合されたシステム・イン・パッケージ(SiP)同相/直交(I/Q)アップコンバータです。

ADMV7310のすべての仕様は、www.analog.comで入手できるADMV7310のデータシートに記載されています。評価用ボードを使用する際は、このユーザ・ガイドと併せてADMV7310のデータシートを参照してください。

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。