製品概要

製品概要

ADL5811-EVALZ is a fully populated, 4-layer, Rogers 3003-based evaluation board. It requires 5 V/185 mA or 3.6/125 mA power supply for normal operation. The power supply should be connected to the  clip leads, labeled VPOS and AGND. All signal ports are populated with edge-mounted SMA connectors. RFIN is the RF input port, and LOIP is the LO input port. The IF output port, IFOP, is configured for single-ended output signaling via the on-board transformer. The IFON port provides the option for IF differential infterfacing, with R21 resistor removal. The evaluation board can be programmed through the USB port of a PC running Windows XP or Vista with Microsoft .NET Framework 3.5 installed. The required control software can be downloaded from www.analog.com.

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。