製品概要

機能と利点

  • ボードはADPD4000およびADPD4001グループに対応
  • ADPD4000(SPI)がデフォルトのボード・グループ
  • すべての入出力にユーザがアクセス可能
  • 別個に動作する3個の緑色LEDを内蔵
  • 1個の赤色LEDと1個のIR LEDを内蔵
  • 金属バッフルにより光学的なクロストークをブロック
  • Wavetool評価用ソフトウェアとの連動により以下のことが可能
    • 時間領域のグラフ化とロギング
    • 周波数領域のグラフ化
    • 統計分析
    • 他のアプリケーションへのデータ・ストリーミング

製品概要

EVAL-ADPD4000Z-PPG評価用ボードは、ADPD4000/ADPD4001測光用フロント・エンドの評価のためのシンプルな方法を提供します。

EVAL-ADPD4000Z-PPG評価用ボードは、バイタル・サイン・モニタリングのアプリケーション用のシンプルなディスクリート光学設計、具体的には手首用フォトプレチスモグラフィ(PPG)を実装しています。

EVAL-ADPD4000Z-PPGには、3個の緑色発光ダイオード(LED)、1個の赤外線(IR)1個の赤色LEDが内蔵されており、すべて別個に動作します。単一の7 mm2フォトダイオード(PD)がボードに搭載されています。PDには、光学フィルタ・コーティングはありません。ただし、IRブロック・フィルタを搭載したピン代替デバイスのピンを使用できます。

フル評価用システムには、Wavetool評価用ソフトウェアのグラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)が搭載されており、ロー・レベルのレジスタ・アクセスとハイ・レベルのシステム構成オプションをユーザに提供しています。このツールにストリーミングされる生データは、少ない遅延でリアルタイムに表示できます。周波数領域と時間領域の両方でビューが表示されます。

Wavetool評価用ソフトウェア(以下からダウンロード可能)からのユーザ・データグラム・プロトコル(UDP)転送機能により、LabVIEW®やMATLAB®などの外部解析プログラムがデータ・ストリーム接続やレジスタ構成オプションをリアルタイムで使用できるようになります。

EVAL-ADPD4000Z-PPGボードは、EVAL-ADPDUCZマイクロコントローラ・ボード(EVAL-ADPD4000Z-PPG製品ページから購入可能)により駆動されます。電力条件に加えて、シリアル・ポート・インターフェース(SPI)(デフォルト)またはI2Cデータ・ストリームをマイクロコントローラによりADPD4000から受け取ります。リボン・ケーブルは2つのボードに接続します。マイクロコントローラはデータを再パッケージ化し、USB経由でPCの仮想シリアル・ポートに送信します。これは、Wavetool評価用ソフトウェアに表示されます。EVAL-ADPD4000Z-PPGは、ADPD4000用のSPI(またはADPD4001用のI2C)を使用して、ユーザのマイクロコントローラ開発システムに直接接続できます。

ADPD4000/ADPD4001データシートには、ADPD4000/ADPD4001の全仕様が記載されています。EVAL-ADPD4000Z-PPGを使用する際は、このユーザ・ガイドと併せてADPD4000/ADPD4001のデータシートを参照してください。

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。