製品概要

機能と利点

  • 半田付けDS3150とDS3112
  • BNCコネクタ、トランス、LIU終端用受動素子
  • アナログ信号経路に対する注意深いレイアウト
  • DK2000インタフェースによる外部データ経路
  • DS3150の制御にメモリマップPLD
  • 外部クロックとライン側インタフェース用BNCコネクタ
  • DK101/DK2000インタフェースと取り込まれたソフトウェアによるDS3112レジスタセットへのポイントアンドクリックアクセス
  • ロスオブシグナル、送信ドライバモニタ、およびPRBS同期ステータス用LED

製品概要

DS3112RDは、DS3/E3フレーマ/マルチプレクサのDS3112とDS3/E3 LIUのDS3150用のリファレンスデザインです。両デバイスとも、表面実装によりボードサイズを最小化し、信号の整合性を持たせています。DK101/DK2000へのインタフェースと取り込まれたソフトウェアにより、パソコンからコンフィギュレーションレジスタとステータスレジスタにポイントアンドクリックでアクセスすることができます。ボード上のLEDは、ロスオブシグナル、送信ドライバモニタ、およびLIUのPRBS同期ステータスを表示します。このボードは、外部クロック用BNCコネクタ、ライン側送受信差動ペア、およびデータ経路インタフェース用コネクタを備えています。PLDは、クロックとデータ経路を制御し、レジスタを介してLIU制御ピンにアクセスします。

対象となる製品