製品概要

機能と利点

  • 9kHz~7GHzで仕様規定されている、ADL5920用のフル機能評価用キット
  • 内蔵の双方向ブリッジで、順方向と逆方向の電力を測定
  • 内蔵のデュアル・チャンネル実効値パワー・ディテクタで、順方向と逆方向のRF電力を測定
  • PCベースのGUIにより、素早く順方向の電力、逆方向の電力、リターン・ロスの情報を確認

製品概要

このデモ回路(DC2847A)は、ADL5920 ICを備えた双方向ブリッジ内蔵のデュアル実効値パワー・ディテクタです。Arduino(アルドゥイーノ)シールドでは、Linduinoボード搭載のADL5920を評価できます(DC2026C)。グラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)を使用して、順方向および逆方向の電流をPCで測定およびモニタできます。リターン・ロスが計算されPCに表示されます。

ADL5920は同時に順方向と逆方向の電力実効値を最大7GHzまで測定し、リターン・ロスの結果を出します。1GHzの場合、ADL5920ディテクタのダイナミック・レンジは50dBです。DC2847A-KITでは、ジャンパJP1を設定してDC2026Cに接続する外部電源が必要です。

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。