製品概要

製品概要

デモ回路2631Aは、それぞれ異なるアッセンブリ・タイプの2つの高出力電流、高効率降圧コンバータLTC7852で構成されています。–Aアッセンブリ用コンバータでは1.0V/100A & 1.5V/100Aの2つの3位相出力を利用できます。–Bアッセンブリでは1つの6位相1.0V/200A出力を利用できます。図 3はブロック図を示しています。両コンバータとも、スイッチング周波数400kHzおよび7V~14Vの入力電圧範囲で動作します。

各位相の電力段階は、0.32mΩのDCR(公称)で5mm × 5mm DrMOSと11.3mm × 11.0mm 0.25µHフェライト・インダクタで構成されています。LTC7852では、正確なDCR検出とサブmOhm DCRインダクタとの共有を可能にするピーク電流モード構造を採用しています。LTC7852では各DrMOSに3ステートと互換性のあるPWM出力を利用できます。 

DC2631Aには、他にも次の機能があります。

  • 出力電圧VOUT1およびVOUT2の差動検出
  • 各レールのインダクタ電流を監視するIMONピン。
  • VOUT1およびVOUT2の位相配置変更のためのオプションの抵抗およびジャンパー
    • VOUT1:4ph、VOUT2:2ph
    • VOUT1:5ph、VOUT2:1ph
    • 注: デフォルトの配置は、VOUT1 は3ph、VOUT2 は3ph
  • オプションの抵抗とジャンパーはVOUT1およびVOUT2と並行。​
  • RUN、PGOOD、PLLIN、CLKOUTの各種ピン
LTC7852のデータシートには、ICの動作と用途の詳細が記載されています。このデータシートは、クイック・スタート・ガイドと併せて参照してください。 

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。