製品概要

製品概要

デモ回路2599Aは、SEPIC構成でLT8361の動作を検証します。このデモ回路は400kHzのスイッチング周波数で動作し、4.5V〜48Vの入力電源を24Vに変換し、(入力電圧に応じて)最大600mAの出力電流を供給するように設計されています。

LT8361は最大60Vの高い入力電圧で動作可能ですが、このデモ回路では、入力は入力コンデンサの電圧定格によって制限されます。

このデモ用ボードは選択可能なジャンパJP1を備えており、これはSYNCピンで望ましい動作モードを選択するのに役立ちます。デフォルト設定はBurst Mode®動作です。

このレイアウトは、優れたEMI性能と小型ソリューション・サイズを実現するように最適化されています。CISPR 25クラス5の放射規制値をクリアするには、入力および出力フィルタと、C20およびC21で構成される最適化されたパワー・スイッチング・ループが必要で、デフォルトで付属しています。これらの部品は、ノイズ耐性を必要としないアプリケーションでは除くことができます。

デバイス、動作、アプリケーション情報については、データシートで詳しく説明しています。このデモ・マニュアルと併せて、必ずデータシートを読んでください。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。