製品概要

製品概要

デモ回路DC2398Aは、プログラマブル・ゲイン計装アンプLTC6373を装備しています。回路ゲインの制御方法は、内蔵ジャンパの設定という単純なものから、Arduino(アルドゥイーノ)またはLinduino(DC2026A)マイクロコントローラ・ボードの接続など、数通りを用意しています。LTC6373は、独立したコモンモード・レベル・シフトによる完全差動出力機能を備えています。出力コモンモード・レベルは、ICの内部デフォルトによって設定できるほか、ユーザによるオーバードライブも可能です。

DC2398Aには、外部ベンチ電源(通常は±15V)から電力を供給できますが、低ノイズのデュアル・チャージ・ポンプLTC3265を使用して、単一の9V~12V入力電源から±15Vレールを生成することも可能です(オプション)。この回路ボードの設計ファイルが提供されています。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。