製品概要

機能と利点

  • 必要な機能をすべて備えた携帯型 RF ラーニング・モジュール
  • コスト効果に優れた実験用プラットフォーム
  • AD9363 高集積 RF アジャイル・トランシーバと Xilinx® Zynq Z-7010 FPGA がベース
  • 325 MHz ~ 3.8 GHz の RF 周波数帯に対応
  • 最大 20 MHz の瞬時帯域幅
  • 可変レートの 12 ビット ADC と DAC
  • 半二重または全二重のトランスミッタとレシーバー(1つずつ)
  • MATLAB®、Simulink® をサポート
  • GNU 無線シンク・ブロックとソース・ブロック
  • libiio、C、C++、C#、Python API
  • マイクロ USB 2.0 コネクタを備えた USB 2.0 電源インターフェース
  • 高品質のプラスチック製エンクロージャ

製品概要

ADALM-PLUTO アクティブ・ラーニング・モジュール(PlutoSDR)は、電子工学の学習者がソフトウェア無線(SDR)、無線周波数(RF)、無線通信の基礎を学ぶことができる、使いやすいツールです。あらゆるレベルやバックグラウンドの学生向けに設計されたこのモジュールは、独学で学びたい人も、教室での学習にも使用することができ、電子工学を学ぶ学生がリアルな世界の RF や通信に関する基礎を習得する助けとなります。


RF の理論と実際を結び付けます

PlutoSDR は動く実験室としての役割を果たし、ホストとともに使用すれば、教室での学習内容を補強することができます。PlutoSDR がサポートする数多くのソフトウェア・パッケージのなかには、MATLAB と Simulink の 2 つがあります。PlutoSDR は使いやすいグラフィック・ユーザー・インターフェース(GUI)を利用し、短期間での学習と効率的な作業が可能になるだけでなく、さらに深く探究することもできます。


教師、学生、独学で学びたい人向けに用意されています

PlutoSDR は、双方向で独立した受信チャンネルと送信チャンネルがあります。毎秒最大 61.44 メガサンプル(MSPS)で 325 MHz ~ 3800 MHz の RF アナログ信号を送受信できるアクティブ・ラーニング・モジュールとなっています。シャツのポケットに入れて持ち運べるほど小型ですが、PlutoSDR は必要な機能をすべて内蔵しており、デフォルトのファームウェアによりUSB 電源だけで使用できます。PlutoSDR は libiio ドライバを使用しているため、OS X®、Windows®、Linux® に対応しており、さまざまなデバイス上で学習や研究を進めることができます。


SDR ベース・プロジェクト用のオンライン・チュートリアルが豊富にあり、ADS-B 航空機位置通報システム、NOAA および Meteor-M2 気象衛星画像の受信、GSM 解析、TETRA 信号のリスニング、ページャ・メッセージのデコーディング、その他さまざまなテーマを対象とする PlutoSDR の実験材料や学習教材を利用することができます。


※ご使用頂く際の注意事項
本製品を使用する際には、電波法等、関連する法規制をご確認、遵守いただきますようお願いいたします。
アナログ・デバイセズは、お客様の本製品のご使用等に関する一切の責任を負いかねます。上記をご了承の上、ご購入いただきますようお願いいたします。
また、日本における電波利用に関する法規制等の詳細は、総務省の電波利用ホームページをご参照ください。


ディスカッション

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。