製品概要

製品概要

ADXL362開発ボードは、既存のハードウェア・プラットフォームでのデータ収集とファームウェア開発を可能にする事によってアプリケーション開発の時間が短縮するように設計された使い易いツールです。

 

ADXL362の超低消費電力を強調するために、ボードは低消費電力プラットフォームとして設計されています。通信と処理はルネサスの超低消費電力マイクロコントローラRL78/G13によって実行され、ファームウェアはC言語で書かれています。電子ペーパー・ディスプレイはロードされたファームウェアにより数値又はグラフィック出力を表示します。ボードはUSBを介して完全にプロブラマブルになっており、開発環境とヘッダ・ファイルはルネサスから提供されます。プラットフォームが最終アプリケーションで再現できるように(すでにアプリケーション・ファームウェアで確認された)回路図とレイアウトが提供されます。

 

ボードはモーション起動のオン/オフ・スイッチとしてあらかじめ設定されています。他の供給可能なファームウェア例には傾きセンサー、データロガー、(コンピュータ画面にリアルタイム加速度をグラフで表すGUIが備わった)リアルタイム・データ・ビュアがあります。ボードの電源はUSBを介して、あるいはコイン電池CR2450で、あるいは外部電源から供給する事ができます。ボードと一緒に提供されるのは電子ペーパー・ディスプレイ、USBケーブル、データをロギングするマイクロSDカードです。

 

ADXL362用に用意されている他の評価ツールにはGUIベースのリアルタイム評価システム、EVAL-ADXL362Z-MLP、簡単なブレークアウト・ボードがあります。 EVAL-ADXL362Zを参照してください。

推奨システム動作環境

  • ボードを使用するためにはCR2450 coin cell battery が必要です。
  • ボードに既存のファームウェアをロードするためには、USBケーブルとウィンドウズ・コンピュータとルネサスのフラッシュ・プログラマ * が必要です。
  • ボード用にファームウェアを書き込み、コンパイルするために、ルネサスのCubeSuite+ IDE * を使用する事が出来ます。

    *Note: ヨーロッパのお客様はこちらからダウンロードしてください。


購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。