製品概要

製品概要

This describes the design, operation, and test results of the ADP1850DP-EVALZ operating in dual-phase mode and the ADP1850SP-EVALZ operating in single-phase mode.


The input range for this evaluation board is 10 V to 15 V, and the regulated output voltage is 1.09 V with a maximum 50 A output current. A switching frequency (fSW) of 300 kHz is chosen to achieve a good balance between efficiency and the sizes of the power components.


The input range for the ADP1850SP-EVALZ evaluation board is 10 V to 20 V, and the two regulated output voltages are set to 3.3 V (VOUT1) and 1.8 V (VOUT2) with a maximum 14 A output current. A switching frequency (fSW) of 600 kHz is chosen to achieve a good balance between efficiency and the sizes of the power components.

Markets & Technology

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。