製品概要

機能と利点

  • VCO内蔵のADF5610周波数シンセサイザ、シングル・エンド50MHz電圧制御水晶発振器(VCXO)、PLLジッタ・クリーンアップ回路、ループ・フィルタ(4kHz)、USBインターフェース、および電圧レギュレータを含む、自己完結型ボード
  • Windowsベースのソフトウェアを使用するため、PCからのシンセサイザ機能の制御が可能
  • 6Vの単電源による外部からの電力供給

製品概要

EV-ADF5610SD1Zは、位相ロック・ループ(PLL)用のVCO内蔵ADF5610周波数シンセサイザの性能を評価します。評価用ボードの写真を図1に示します。評価用ボードには、電圧制御発振器(VCO)内蔵ADF5610周波数シンセサイザ、低ノイズのシングル・エンド50MHz電圧制御水晶発振器(VCXO)リファレンス、HMC1031インテジャーN PLL、スイッチ、ジャンパ、ループ・フィルタ、USBインターフェース、電力電源コネクタ、サブミニチュア・バージョンA(SMA)コネクタが含まれています。

シンセサイザを簡単にプログラミングするには、ftp://ADF5610_ftp:ZagrJ6Fx@ftp.analog.comのADF5610製品ページからWindows®ベースのソフトウェアをダウンロードしてください。ファイル転送プロトコル(FTP)のユーザ名とパスワードは、評価用ボードの箱のふたの内側のラベルに印刷されています。ユーザ・マニュアルおよび評価用プリント回路基板(PCB)の回路図は、FTPサイトに掲載しています。

EV-ADF5610SD1Z評価用ボードにはSDP-Sコントローラ(図3参照)が必要ですが、これはキットに付属していません。SDP-Sによって、USBインターフェースを通してADF5610デバイスのソフトウェアのプログラミングができます。

ADF5610広帯域マイクロ波シンセサイザの全仕様はADF5610データシートに記載されています。評価用ボードを使用する際には、このユーザ・ガイドと合わせてご確認ください。

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。