製品概要

製品概要

デモ回路3020Aは、LT8637を使用した、スペクトラム拡散周波数変調付きの42V、5A(7Aピーク)同期型降圧Silent Switcher®(サイレント・スイッチャ)です。このデモ用ボードは、5.8V~42Vの入力で5Vの出力を供給するように設計されています。入力範囲が広いため、​オートモーティブ用バッテリや工業用電源などの様々な入力源で使用できます。LT8637はコンパクトな低放射、高効率、高周波数同期整流モノリシック降圧スイッチング・レギュレータです。LT8637は基本的にLT8636と同じ設計ですが、外部補償用のVCピンを備えています。これにより、ループ応答の最適化、電流値の高いアプリケーション向けの複数のレギュレータの並列化を行えます。独自のSilent Switcherアーキテクチャでは、単純化されたフィルタと低減されたレイアウト感度により電磁場干渉が最小限に抑えられます。選択可能なスペクトラム拡散モードにより、EMI性能が更に改善されるため、ノイズの影響を受けやすいアプリケーションに最適なソリューションとなります。レギュレータの極めて低い2.5μAの低静止電流(完全制御で出力)により、オートモーティブおよびバッテリ駆動のポータブル計測機器などのアプリケーションは非常に小さい負荷電流下で最大効率を要求できます。

30nsの最小オン時間を持つピーク電流モード制御により、高い周波数でも高い降圧変換が可能です。LT8637のスイッチング周波数は、発振器抵抗または200kHz~3MHzの範囲の外部クロックによってプログラムすることができます。デモ回路3020Aのデフォルト周波数は2MHzです。

デモ用ボードDC3020AのSYNC/MODEピンは、デフォルトでは低リップルBurst Mode®(バースト・モード)動作用にグラウンド(JP1のBURST位置)に接続されています。外部クロックと同期するには、ジャンパJP1をSYNC/FCMに動かし、外部クロックを3020AのSYNC端子に入力します。同期モードでは、部品が強制連続モードで実行されます。外部クロックを入力しない場合、SYNC/MODEピンがフロート状態になり、部品は強制連続モードで実行されます。このモードでは、広い負荷範囲で過渡応答が高速になり、全周波数動作となります。または、ジャンパJP1をSPREAD-SPECTRUMに移動すると、SYNC/MODEがINTVCCに接続され、拡散スペクトラム機能が有効になって部品が強制連続モードで実行されます。

LT8637のデータシートには、部品、動作、およびアプリケーションの詳細が記載されています。このデータシートは、このデモ回路3020A用デモ・マニュアルと併せて参照してください。低EMI動作と最高の熱性能を実現するためのレイアウトに関する推奨事項は、データシートの「Low EMI PCB Layout and Thermal Considerations and Peak Output Current(低EMI PCBレイアウトと熱に関する考慮事項およびピーク出力電流)」セクションに記載されています。サポートについては、アナログ・デバイセズのアプリケーション・エンジニアにお問い合わせください。

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。