製品概要

機能と利点

  • 選択可能な低負荷動作モード:
    • FCM
    • パルス・スキップ(HV)およびバースト・モード動作(LV)
    • バースト・モード動作
  • PLLIN ピンにより、1MHz ~ 3MHz の範囲で LV レギュレータを同期(HV コンバータの場合は 166kHz ~ 500kHz)
  • ウォッチドッグ回路
  • TEMP ピンにより、LTC3372 のジャンクション温度をモニタ
  • HV コンバータ用の PGOOD ピンと LV レギュレータ用の RST ピン

製品概要

デモ回路 2419A は LTC3372 をマルチ出力ステップダウン コンバータ内に備えています。LTC3372 のコントローラ部分は、入力電圧範囲が 6V ~ 60V である高出力電圧(HV)降圧コンバータを駆動します。その出力電圧(VOUT_HV)は名目値で 5V ですが、VOUTPRG ピンによって 5V または 3.3V に設定できます。VOUT_HV は設定可能な降圧レギュレータに電源を供給します。このレギュレータは、VOUT1 ~ 4 のラベルが付いた 4 つの低電圧(LV)出力を供給します。その出力は、1.2V/2A、1.8V/2A、2.5V/2A、および 3.3V/2A です。VOUT_HV が 5V になるように設定されている場合、このレギュレータは VOUT1 ~ 4 が最大負荷状態のときに 6A を外部負荷に供給できます。VOUT1 ~ 4 に負荷がないときは、VOUT_HV から 10A を外部負荷に供給できます。

LV 降圧レギュレータは、最大 4 つのチャンネル内に配置可能な 8 つの出力段で構成されています。DC2419A 上の LV レギュレータは、それぞれの出力段が 2 つである 4 つのチャンネルでセットアップされています。変更を加えることにより、LV 降圧レギュレータは 8 種類の設定にセットアップできます。

VOUT_HV が 3.3V になるようにプログラムされている場合、3.3V/2A を供給する VOUT4 はドロップアウトになります。このレールでは、外部入力電圧がレギュレーション状態を維持する必要があります。

LV レールは 2MHz で動作し、HV コンバータはこの周波数の 6 分の 1 または 333kHz で動作します。LV レールは周波数が高いため、4mm × 4mm のインダクタを使用することができます。HV コンバータの出力段は、60V アバランシェ定格 MOSFET と 2.2μH 10mm × 10mm インダクタで構成されています。電流を検出するため、4mΩ のディスクリート検出抵抗が使用されます。

LTC3372 は IQ 電流が低いため、軽負荷時に高い効率が実現します。VOUT_HV が 5V(公称値)を供給しているとき、1mA の負荷におけるバースト・モード® 効率は 12V 入力時に 90.3% です。HV コンバータがオフのとき、12V 入力から流れるのはわずか 27μA です。

LTC3372 のデータシートには、IC の動作と用途の詳細が記載されています。このデータシートは、クイック・スタート・ガイドと併せて参照してください。

対象となる製品

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。