Water Conservation
Water Conservation Mobile
WATER CONSERVATION WATER CONSERVATION

Water is a precious resource for obvious reasons, but it also plays an essential role in our operations. We’re committed to recycling 50% of the water we use by 2025.

水の保護の強化

水はアナログ・デバイセズの操業に欠かせない要素であり、公共の水源を供給源としています。この水の大部分は、処理を経て、製造作業に必要な高純度の脱イオン(DI)水となります。当社は、各操業施設で水の使用状況(100万ガロン単位)を入念に監視しています。前の2.5%という正規化後の水の削減目標を突破した今、2025年までに2015年比で水のリサイクル/再利用率を倍増するという新たな目標を設定しました。

製造拠点における成果の向上

製造拠点における水保全の取り組みによって、アナログ・デバイセズは74%という企業成長を達成しながら、全体の水使用量を削減するという大きな成果を挙げることができました。当社の2019年の水使用量(100万ガロン単位)は2015年から6%減少し、水のリサイクル率は2015年の15%から25%に増加しました。

環境に対する主な取り組み

スマートな水の使用

アナログ・デバイセズ・フィリピンの構内では、1つのビル(B1)のみでこの拠点の給水系統の71%を消費しています。その水の主な用途は、冷却塔、脱イオン水(DI)の利用、生活用水の利用の3つです。このビルが高い使用事例として突出しているため、資源への影響を抑制する方法を真剣に検討し、B1で使用されたDIの水を冷却塔でリサイクルすることを決定しました。

冷却塔は、大気を使って水を冷却させる熱交換器で、その水はHVACチラーの冷媒を冷却するのに使用されます。ただし、熱交換器からの水が外気にふれる場合、汚染、冷却効率の低下、水あか、藻の増殖などが生じる可能性があります。したがって、水は定期的に流し、新鮮な水に交換する必要があります。

当社は公共の水源から水を引き続けるのではなく、濾過システムを設置し、冷却塔の流水装置の水源としてDIの水を使用しています。こうすることで、冷却塔に新しい水を補給する必要がなくなり、毎月9,000立方メートル(230万ガロン)の水を節約できるようになりました。

原水の利用

再生水を使用することで原水の利用を100%交換しました。

原水消費量

全体として、B1の原水消費量を平均30%低減させました。

原水の保全

使用の低減により、108,000m3/年の水保全と年間143,000ドルのコスト削減を実現しました。