人数カウント技術

Business people in a meeting

ADI EagleEyeを統合して、既存のソリューションを更にスマートに

ADI EagleEyeは、建物内の在席状況モニタリングを実現する、完全エンドtoエンドでエッジベースのハードウェアおよびソフトウェア・テクノロジー・ソリューションです。この人数カウント・システムは統合が容易であり、既存のモデル内でより複雑な顧客の課題を解決できます。

システムのデータ収集により、正確で安全な人数カウント機能を用いた情報に基づく洞察と分析が実現しています。このデータからは、資産および人員管理、ソーシャル・ディスタンシング、セキュリティ、従業員のエンゲージメント、スペース使用率、労働生産性、エネルギー効率の改善に必要な洞察を得ることができます。

より良い世界に貢献するADI EagleEye™

Smart screen on wall in modern meeting room

企業にも顧客にもメリット

安全性の高い人数カウント技術を簡単に統合でき、他の多くのセンサーとの互換性を実現しています。当社のソフトウェアは、既存の製品に簡単に統合でき、無線通信を使用して現場で簡単に更新できる機能があるため、継続的なイノベーションに対応することができます。

Windows of skyscraper business office with blue sky and clouds

CO2排出量を削減し、良き企業市民としての責務を果たす

ビルの電力使用は、世界のエネルギー関連CO2排出量の約28%を占めています1。コンスーマ需要の変化、温室効果ガスの増加に伴う気温上昇、接続デバイスの爆発的な増加により、エネルギーに対する世界的な需要には終わりが見えません。アナログ・デバイセズの先進的な人数カウント・システムを使用することで、電力消費量を減らし、建物の効率を高めることができます。

Group of corporate people interacting with the speaker

空気環境の改善により、従業員のウェルビーイングと安全が向上

エネルギー使用量の削減に加えて、ADI EagleEyeの人数カウント・システムにより、快適性の向上を通じて、従業員のウェルビーイングを改善することができます。人は90%の時間を屋内で過ごしています2。そのため、屋内のスペースは快適性と健康のために最大限配慮すべき場所です。スペース設計を合理化し、より効率的にスペースを使用できるようになることで、従業員の健康と幸福度が向上し、生産性向上につながります。

Modern office interior

需要に基づいたエネルギー管理で建物内のエネルギーを効率化

照明と空調システムは建物内のエネルギーの64%を消費します。3定義されたスペースの使用状況と使用人数について把握できることで、需要の減少に基づいて照明や空調システムの必要量を減らすなど、ビル管理者がより適切な情報に基づいた決定を行うことができるようになります。

ADI EagleEye™の特徴と利点

Real-Time, Accurate Data

正確でリアルタイムなデータ

当社の人数カウント・システムの堅牢なレポート機能をソリューションに追加します。最高クラスの処理速度と精度により、いつでもデータを信頼することができます。

Secure and Private

セキュリティとプライバシーを担保

ADI EagleEyeが個人を特定できる情報を明らかにすることはありません。画像は常にセンサー・エッジでのみ分析され、プライバシーとセキュリティが完全に担保されています。

Easy Integration

統合が容易

当社の柔軟なソリューションは、様々なサプライヤのシステムにシームレスに統合できます。ADI EagleEyeをソフトウェア・プラットフォームに統合することで、中断のないエクスペリエンスを実現できます。

Scalable with Low Bandwidth

低帯域幅でスケーラブル

低消費電力、低帯域幅条件に対応し、複数のデバイスが同じネットワーク上で効率的に動作できるため、顧客はどこからでもスペースを監視できます。また、OTA(無線通信)アップデートに対応しており、フル機能のセンサーtoクラウド型プラットフォームを実現しています。

Informed Insights and Added Value

情報に基づく洞察と付加価値

部屋の在室状態に関する洞察を得られることで、エネルギー消費量の多い照明と空調システムを適切な情報に基づいて調整できるようになり、顧客支援と環境保護を両立させつつ、既存のシステムやソリューションに機能を追加できます。

既存のソリューションを更にスマートにする準備はできていますか?

幅広いソリューションと経験を積んだアナログ・デバイセズのスタッフが、製品開発プロセスのあらゆる段階でお客様をサポートし、市場投入までの時間を短縮します。ADI EagleEye™をソリューションに統合して、顧客が必要とする価値ある洞察を提供しましょう。


トライアル・キットをリクエストする

ADI EagleEye™チームに問い合わせる

ADI EagleEye™の用途

Meeting room vector drawing

会議室での人数カウント技術

オフィス・スペースの一般的な使用率はわずか39%です。スペースとエネルギーの効率を最適化するには、会議室がどのように利用されているか(または利用されていないか)を顧客に理解してもらうことが鍵になります。

アナログ・デバイセズのEagleEyeを使用することで、様々な部屋の使用率を数値化できます。例えば、あるスペースが常に空きの状態で、他のスペースの使用率が過剰な場合、顧客はその空いているスペースを使用して会議室を追加できます。また、空気の流れの推定や照明条件のチェックを行うことができ、快適性とウェルビーイングを最適化できます。

Open desk office vector drawing

オフィスでの人数カウント技術

ADI EagleEyeを使用することで、顧客の貴重なワークスペースがもれなく適切に使用されているかを確認できます。ADI EagleEye™では、デスク在席検知を使用し、平均使用率、人とデスクの比率などを計算できます。

また、こうした機能はいずれも、ホット・デスキングを採用する企業が配置を最適化する場合にも役立ちます。

ADI EagleEye™のハードウェアおよびソフトウェア

ADI EagleEye™:フル機能の人数カウント・システム

ADI EagleEyeは、顧客の在席管理の課題解決をサポートする、完全エンドtoエンドのハードウェアおよびソフトウェア・テクノロジー・ソリューションです。当社独自のアルゴリズムと先進のBlackfin®プロセッサにより、簡単に既存のソリューションを改善でき、セキュリティとプライバシーを確保しつつ顧客のスペース効率向上を実現することができます。会議室からカフェテリア、ロビー、オフィスまで、ADI EagleEyeの人数カウントでワークスペースのニーズを解決することで、従業員のウェルビーイングと生産性を最大限向上させることができます。

Grainne Murphy

ロックダウン明けの安全な職場復帰を可能にする

誰もがCOVID-19の影響を受けています。第2波を懸念しながらロックダウンの状況を抜ける際に、職場復帰について不安に思うのは当然です。Grainne Murphy氏の最新の記事では、COVID-19などの病気と闘うために気をつけるべき2つの領域が取り上げられ、ADI EagleEyeなどの職場の安全を守るうえで役立つテクノロジーが紹介されています。

記事を読む

おすすめ製品

主な評価用ボード

1国際エネルギー機関。

2「“室内空気質の傾向と室内空気質が人の健康に及ぼす影響”」アメリカ合衆国環境保護庁。

3「“空調システムのエネルギー内訳”」オーストラリア政府、農業・水資源・環境省。