都市化や気候変動などの地球規模の課題に加え、入居者の快適性と安全性確保のニーズに対処するために、インテリジェント・ビルの必要性が急速に高まっています。安全性、効率性、持続可能性に優れた建物へのニーズはビジネスの運用コストの対象となり、建物は今やデジタル資産と考えられるようになっています。セキュリティに優れスケーラブルな接続されたシステムで複数のデータ・ソースを活用することで、影響力の大きな決定がリアルタイムで行われ、より効率的で生産性の高い環境が実現します。高精度のデータを使用することで、建物と入居者の間でのリアルタイムの操作や相互作用が実現され、安全で生産的な空間が作られます。


ADI EagleEye™によるスペースの最適化

ADI EagleEyeは、建物内の定義されたスペース内の在席状況モニタリングを実現する、完全エンドtoエンドでエッジベースのハードウェアおよびソフトウェア・テクノロジー・ソリューションです。この人数カウント・システムのソリューションは統合が容易であり、既存のモデル内でより複雑な顧客の課題を解決できます。

ADI EagleEyeの詳細

Device checking the air quality