ファクトリおよびプロセス制御

測定制御の専門家による信頼性のあるプロセス制御およびオートメーション・ソリューション

プロセス制御ソリューションは、揮発性の化学薬品や材料から炭酸水や冷凍ピザまで、多くの異なる種類の製品の連続一貫生産を実現します。多くの場合、動作環境は複雑で過酷です。

アナログ・デバイセズは、プロセス制御およびオートメーション技術において実績あるリーダーであり、顧客が精度、サイズ、消費電力の最適化のメリットを活用するのを支援してきました。アナログ・デバイセズは、プロセス・マネージャやエンジニアがより精度の高い、高機能の自動化装置を使用して業務を行えるようにして、品質を最大限に高め、エンド・アウトプットの差別化を強化しながら、収益性を高め、安全を優先させます。それと同時に、原材料、エネルギー、残留廃棄物の使用を最小限にして持続可能性も向上させます。

ファクトリおよびプロセス制御:上位5位までのメリット

オートメーションの拡大、人の介入の削減

適切な装置、センサー、データ、接続ソリューションにより、最も複雑なプロセスであっても、中心部から制御および最適化できます。

機能安全性および本質的安全性の優先順位

プロセス環境では、有害物質を扱ったり、混合したりして、潜在的な危険があります。プラントや労働者の安全のため、正確で適切な操作が非常に重要です。

性能および測定精度の問題

ほんのわずかな変化でも、最終製品に非常に大きな違いが生じてしまいます。最適な結果のためには、温度、流量、圧力、その他の多くの要素を、注意深く一貫して制御し、伝達する必要があります。

長距離イーサネット接続

イーサネット接続は、1kmのシングル・ツイスト・ペア・ケーブルを使用して接続した計測器からでも可能になりました。10BASE-T1LのIEEE 802.3cg規格のような新しい通信技術がこれを可能にし、その結果、現場での制御と診断が増加しました。

ソフトウェア・コンフィギュラブル・システムによるプラントの柔軟性の向上

I/Oユニット向けの新しいソフトウェア・コンフィギュラブル技術は、再利用可能な多目的I/Oモジュールの開発により、システムのコンフィギュアビリティを向上させています。この技術により、すぐに作動可能で様々な最終機能を有効にできる共通インターフェースを備えた、シングル・プラットフォーム制御システムを使用できます。

Illustration of interconnected buildings using Wireless HART, 4-20mA Looms, Gb Industrial Ethernet, 4-20mA (+Hart) and 10Base T1L (+Power) for connectivity

アナログ・デバイセズのプロセス制御技術

アナログ・デバイセズには定評あるソリューションがあり、成分比率の制御、材料の温度と圧力の測定、または構成成分の混合状態の判断など、質の高い生産量を実現するために必要とされています。

オートメーションはすべてのファクトリおよびプロセス環境で鍵となっており、アナログ・デバイセズはデジタル接続された生産環境への移行を実現するのに不可欠な要素となっています。生産ラインはこれまでにないほど高速で正確に作動しており、生産フローのカスタマイズ能力が向上しています。

アナログ・デバイセズの優れたセンシングと高精度計測の技術によって、メーカーはより正確に対象物を組み立てて、生産現場で対象物とその構成部品を安全に移動することができます。工場で直列に並んで作動する無数の機械(ロボットからHMIやビジョン・システムへ)は、当社の優れた接続ソリューションにより実現しています。そこでは、リアルタイムの通信が出力品質に重要です。アナログ・デバイセズのセンシング、測定、アイソレーション、接続のソリューションを組み合わせることで、システムの柔軟性を向上させ、出力を最適化して、最終的に生産性を向上させます。アナログ・デバイセズは、更に大きな役割を果たし、企業がこの変革の時代に備えることができるようにします。

アナログ・デバイセズのプロセス制御ソリューションが導入されている業界:

Petrochemical - Oil and gas processing plant

石油化学 - 石油およびガス業界

Food and Beverage processing plant

食品飲料

BioPharma processing plant

バイオ医薬品

Image of Large Paper Roll

パルプおよび製紙

Image of large Electric Generator

発電

Man inspecting water quality at water treatment facility

水処理施設

ソフトウェア設定可能I/O

アナログ・デバイセズの新しいSWIO(ソフトウェア・コンフィギュラブルI/O)製品では、大規模な再配線の必要がなく、迅速かつ簡単にリモートで再構成ができるモジュール・チャンネルを使用して、柔軟な制御システムを設計できます。これにより、実装時間の短縮、柔軟性の向上、およびコストやダウンタイムを抑えながら変更を実施する能力が実現します。(複雑な様々なチャンネル・モジュール、アナログおよびデジタルの信号コンバータ、個別配線の入出力を備えた従来の制御システムにおける、コストと手間がかかる手動設定と比較しています。)

アナログ・デバイセズSWIOソリューションの詳細

Software Configurable I/O webpage image

ファクトリ・オートメーションの未来

アジャイル生産

メーカーは、単一のバッチサイズに至るまでのカスタマイズされたソリューションで、顧客特有のニーズに迅速に対応する必要があります。ダウンタイムを最小限に抑えて生産性を最大限に高めるソリューションを導入するのと同時に、生産ラインの適応性を向上させる必要があります。

機能安全性

機能安全性は将来の工場の不可欠な要素です。それは労働者を保護しているという理由だけでなく、より高い信頼性、より正確な診断、更により優れたレジリエンスを実現することもできるからです。アナログ・デバイセズでは機能安全SIL規格認証済みのICソリューションを開発しています。

TSN革命

現在、プロトコルが異なる生産セルは共存できません。ソリューションにより、トラフィック制御が損なわれない方法で、生産セルがネットワークを共有できるようにする必要があります。その答えはタイム・センシティブ・ネットワーキング(TSN)でした。TSNは、IEEE 802.1規格をベースにした、ベンダー中立でリアルタイム対応のイーサネット規格です。TSNは、生産現場に現在存在している自動化の島の解消を促進します。アナログ・デバイセズは、TSN対応の新しい産業用イーサネット・ソリューションのリーダーです。

OTおよびITコンバージェンス

情報技術(IT)または企業インフラストラクチャは、より高いレベルで、生産現場の制御ネットワークまたは制御・運用技術(OT)と統合させる必要があります。工場のOTネットワークの様々な層からエンド・ノード・センサーまたはアクチュエータ(または生産ラインの他の機器)へのシームレスな接続は、生産性とプロセス最適化の大幅な向上をもたらします。

Illustration of smart factory floor using Analog I/O, Industrial Ethernet, Mesh Network, 5G for Industrial, IO-Link and 60GHz wifi for network connectivity
複数の異なる種類の技術が生産ラインの完全自動化には必要です。ここでは、インダストリ4.0およびデジタル・ファクトリのメリットを得るのに必要とされる、生産に対する包括的かつ統合された見解を示しません。

おすすめ製品