体外診断用医薬品(IVD)

データを診断に活かす

体外診断用医薬品(IVD、In Vitro diagnostics)は、分析のために体から取り出されたサンプルに対して実行されるテストです。IVDにより、病気や感染症の存在を検出することができます。また、代わりに患者の全体的な健康状態の判断に使用することで、医師や医療従事者が正確な洞察を得ることができます。フロー・サイトメトリー、測光、電気化学セル測定、ポリメラーゼ連鎖反応などの一連の複雑な技術とツールにより、化学組成、血液学、微生物学、および分子検査のカテゴリーの分析を行うことができます。

アナログ・デバイセズは、ディスクリート精密ソリューションおよび統合された電源ソリューションの幅広いポートフォリオを取り揃え、血液ガス分析装置、化学分析装置、質量分析器、または血液培養システムのいずれを設計する場合でも、シグナル・チェーン・ソリューションを提供することで、複雑なIVDシステムの設計の簡素化を実現します。

IVDテストのカテゴリ全体でソリューションを有効化


化学組成

分析物が人体に通常の量で存在するかどうかを検出します。例としては、グルコース、乳酸塩、コレステロールなどがあります。


微生物学

ウイルス、寄生虫、真菌などの感染症を検出します。また、抗体を含む、こうした病気に対する体の免疫反応を分析します。


血液学

血球の評価およびカウント、タンパク質の評価など、血液関連疾患を特定します。


分子生物学

DNA、RNA、またはタンパク質の発現を分析します。遺伝コードの異常の変化をテストし、病気の素因または存在を判断します。

体外診断に使用される装置の例

 

化学分析と分析機器のページで詳細を確認する

システム・ソリューション

EmStat Pico:小型のソフトウェア対応ポテンショスタット・システム・オン・モジュールによる電気化学機能の組み込み

技術記事を読む


EmStat Picoの概要

PalmSens BV社とアナログ・デバイセズの共同開発によって生まれたEmStat Picoモジュールは、電気化学測定用の組み込み定電位電解装置であり、サイクリック・ボルタンメトリ、方形波ボルタンメトリ、インピーダンス分光法などのテクノロジーをサポートします。

ビデオを見る

システム資料

ラボレベルの電気化学測定を小型化するエレクトロニクス・ソリューション

アナログ・デバイセズは、ディスクリート・シグナル・チェーンから全機能内蔵型システム・ソリューションまで、電気化学測定の統合化、性能および柔軟性の向上をもたらします。

パンフレットを見る

容量/デジタル・コンバータが診断システムのレベル・センシングを促進

統合された容量/デジタル・コンバータを従来とは異なる方法で使用することで、シンプルで堅牢なレベル・センシング・ソリューションが実現します。

確認する

システム・リファレンス設計

マルチパラメータ水質分析のリファレンス設計

継続的で携帯型計測器を使用する水質モニタリング用途では、小型で低消費電力のプラットフォーム化された測定ソリューションが必要です。このビデオでは、一般的なセンサーを測定し、診断テストを追加できるADuCM355およびLTC6078ソリューションについて詳しく説明しています。

ソリューションを見る

主なリファレンス設計

 

シグナル・チェーン

(7)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。

システム製品

業界最先端の生物学/化学センシング・インターフェースIC

ADuCM355は、電気化学センサーおよびバイオセンサーを制御および測定するオンチップ・システムです。ADuCM355は、ARM® Cortex®-M3プロセッサに基づいた、超低電力ミックスド・シグナルMCUです。電流、電圧、およびインピーダンスを測定できるように設計されています。

ADuCM355の詳細

主な部品