蓄電&電力変換

アナログ・デバイセズは、蓄電および電力変換市場向けのあらゆる製品とソリューションを提供しています。エナジー・クラウドの給電と監視は、再生可能なエネルギー源に注目することから始まります。アナログ・デバイセズの製品はソーラー・インバータや風力タービン・コンバータ向けとして最適です。また、蓄電システム(ESS)は、低需要時には蓄電、高需要時に給電することで、ソーラー・エネルギーや風力エネルギーを供給可能にします。

最先端のバッテリ管理システム(BMS)から高電圧電源コンバータまで、アナログ・デバイセズの技術により、高精度の電圧モニタリング、電流モニタリング、セル・バランスの課題を、先駆的なマルチセル・スタック・モニタ、クーロン・カウンタを使って解決できます。また、アナログ・デバイセズは、独自のiCoupler技術に基づき、SiCおよびGaNベースの電力スイッチ用の絶縁型ゲート・ドライバや絶縁型通信ICに最先端の技術を取り入れています。

高電圧、高電力変換システムでは、アナログ・デバイセズのデジタル・アイソレータが高速ゲート・ドライバ・コアに統合されることで、炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)のパワーMOSFETを最大速度/周波数で駆動できる絶縁型ゲート・ドライバを実現し、非常に高い効率目標を満たします。

ESSおよび電力変換システムでは、アナログ・デバイセズのパワー・マネージメントICが最先端の電力効率と信号純度を表現します。アナログ・デバイセズのパワー・マネージメント・デバイスは、ディスクリート・コントローラ、モノリシック・コンバータ、モジュールの包括的なポートフォリオにより、部品表コストとシステム性能の最適なトレードオフの実現を支援します。

おすすめ製品

評価用ボード

リファレンス設計

ゲート・ドライバ・パワー・モジュール

電気自動車(EV)やモータ・ドライブ、溶接機などの高電力システムのメーカーは、炭化ケイ素パワー・デバイスの潜在的なメリットについて検討しています。共同の取り組みによる、Microsemi製SiCパワー・モジュール用の市場初の高電力、高電圧絶縁型ゲート・ドライバ・ボードでどのようにして市場投入までの時間を短縮できるかについて、ご覧ください。

EVおよび蓄電用バッテリ管理

アナログ・デバイセズは、アクティブ/パッシブ・セル・バランスと充電/放電制御の実装によりバッテリ・パックの性能を最大限引き出すことができるバッテリ管理ソリューションのパイオニアです。この技術をkW規模の蓄電システムにどのように応用できるかを、アナログ・デバイセズのパートナーStercomが作成した実用デモ回路で実演します。

バッテリ管理ソリューションの機能安全性

リチウムイオンベースのバッテリの出現により、BMSの開発が加速しています。他のバッテリと異なり、リチウムイオンベースのバッテリは過負荷を許容できず、安全な動作のために2次的機能が必要となる場合があります。過電圧保護などの機能安全性措置は、バッテリ保護に直接関係しています。その他の、アクティブまたはダイナミック・セル・バランスの性能といった機能は、バッテリ寿命に関係しているため、バッテリ寿命を延ばすために必要な場合がありますが、BMSシステムの安全な動作に干渉を及ぼすことはできません。

産業用機能安全性に関するアナログ・デバイセズの専門知識と深い理解と、IEC 61508標準の採用については、アナログ・デバイセズの機能安全性に関するページをご覧ください。

アナログ・デバイセズの産業用機能安全性