ヘッド・ユニットおよびコックピットECU

今日のオートモーティブ・ヘッド・ユニットおよびコックピットECUは、より多くの機能や向上した性能を統合化するために、進化し続ける必要があります。アナログ・デバイセズは広範な製品を取り揃え、オートモーティブ業界の急速なイノベーションや厳しい品質基準に対する要求に応えます。これらの中には、コスト効率の高い代替品から最高性能のオーディオDSPにいたるまでの様々なオーディオ・プロセッサが含まれます。これらのプロセッサは、広範なコネクティビティ・ソリューションによって増強され、オーディオ、音声、音響、カメラ、ディスプレイなどのアプリケーションをターゲットとして最新のオートモーティブ・ヘッド・ユニットおよびコックピットECU向けに特に作られたものです。

A2B®(オートモーティブ・オーディオ・バス)技術は、配線が集中する広範なオーディオ、音声、音響アプリケーション向けに、コスト効率が高く低遅延のソリューションとしてOEMによって次第に採用するようになっています。第四世代のデバイス(AD243x)では、バス・パワー能力が50Wまで高められているため、リモート・チューナ・モジュール(RTM)や分散型オーディオ/パーソナル・オーディオ・ゾーンなど最新の高電力アプリケーションに最適です。機能強化されたSPIインターフェースは、最大10Mbpsの制御チャンネル帯域幅をサポートしているため、ソフトウェア・オーバー・ジ・エア(SOTA)アップデートへの需要の高まりにも対処できます。

シグナル・チェーン

(1)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。