Monolithic IC RMS-to-DC Converter

AD536K Laser-Trimmed to 0.2% Max Error; Needs No User Adjustment; Operates on Single or Dual Supply; dB and Linear Outputs Provided

The AD536 is the industry's first monolithic rms-to-dc converter. It permits the true-rms value of complex wideband ac and dc signals to be measured with errors less than 0.2% of reading ±2mV without external trim circuits. Its bandwidth, for signals greater than 0.1V rms, is 20kHz, for the above accuracy, and 100kHz for –3dB. Read full article



Generic_Author_image

Lew Counts

Barrie Gilbert

Barrie Gilbert

Barrie Gilbertは、アナログ・デバイセズ初のフェローであり、「アナログ・エレガンスの追求」に生涯を費やしてきました。1972 年にアナログ・デバイセズに入社し、1979 年にはフェローに選ばれました。現在、オレゴン州ビーヴァートンにあるNorthwest Labの責任者を務めています。1937 年に英国ボーンマスで生まれ、1954 年にSRDEで第1世代のトランジスタの開発に携わった後、Mullard,Ltd.、Tektronix Lab、Plessey Research Labで勤務しました。1984年からIEEEフェローを務め、数々の受賞歴もあります。保有する特許は約50 件に上り、発表した論文は40 件以上、共同執筆による著作も複数あります。また、いくつかの定期刊行物の校閲を担当しています。1997 年にはオレゴン州立大学から名誉工学博士号を授与されています。

Dave Kress

David Kress earned both his BSCE and MSCE for the Massachusetts Institute of Technology. David was first a designer of medical electronic equipment before joining Analog Devices in 1972 as an IC designer. For many years David led ADI's technical support team, and he is currently the Director of Technical Marketing.