社会的持続可能性

アナログ・デバイセズは、当社の施設内や従業員に対してのみならず、地域社会に対しても、好ましい社会的影響をもたらせるよう努めています。

多様性およびインクルージョン


アナログ・デバイセズにおける多様性およびインクルージョンの使命は、従業員がアナログ・デバイセズで開花し、成長できるよう、個々人の独自性を尊重して活かすという文化の醸成を促すことにあります。多様性およびインクルージョンは、アナログ・デバイセズに限らず、関係者の皆様にとっても同様にビジネス上の至上命令となります。

組織における融合

アナログ・デバイセズが多様性およびインクルージョンの融合を図っていることは、その組織構成からも明らかです。多様性およびインクルージョン担当のディレクタは、人事担当ディレクタも兼任しており、報告対象期間中は、アナログ・デバイセズの経営幹部である最高人材活用責任者(CPO。以前のシニア・バイスプレジデント兼最高人事責任者)直属となって、職務の枠を超えた融合を実現し、最高レベルの運営組織に参加しています。

アナログ・デバイセズにおける多様性およびインクルージョンのプログラム

アナログ・デバイセズは、従業員が尊重され、公正に遇される労働環境の実現に尽力しています。アナログ・デバイセズは、人種、肌の色、宗教、年齢、国籍、社会的もしくは民族的な出自、性的志向、性別、性自認もしくは性別表現、婚姻状況、妊娠、障害、兵役、または適用法で保護されるその他の分類を根拠として、採用、昇進、従業員給与、雇用の手続きにおいて差別することはありません。更に、アナログ・デバイセズの労働者または採用候補者は、差別的な形で利用され得る医学的検査を受けることはありません。

 

最新のD&I Annual Reportをご覧ください。