Social Sustainability

ADI strives to have a positive social impact, not only within our walls for our employees, but in our communities as well.

従業員の健康と安全

従業員の健康と安全は、アナログ・デバイセズの最優先事項です。これを徹底するために様々な職能グループの代表者で構成された労働安全衛生委員会や製造拠点の作業部会が設置されています。当社の労働者は、特定疾患の発生率や危険性が高い業務には関わりません。これまでに高リスクの疾患に関係した事例は確認、報告されていません。当社は、産業衛生監視の取り組みにより、職場での暴露を最小限に抑え、防止し、特定疾患のリスクを低減しています。2つの業界標準指標を使用して、世界中で傷害事故の発生やその傾向を評価しています。

事故発生率: 通年で働く従業員100人あたりの要報告事故発生件数
労働損失率: 通年で働く従業員100人あたりの要欠勤事故発生件数


当社の2017年の事故発生率は前年から11%、労働損失率は29%減少し、全体的な安全性は常に業界平均を上回っています。


incident-rate-2011-2017-chart


lost-workday-case-rate-2011-2017-chart
* 2017年の米半導体産業および米製造産業については該当データなし


研修、啓発

アナログ・デバイセズは、地域社会への還元や高い水準の商慣行と労働慣行により従業員と共に社会福祉と人権を支援しています。

研修

  • 対象者への人材育成研修は平均で22時間でした。
  • 2015年に研修を受けた従業員のうち76%は男性で、24%が女性でした。2016年の被研修者のうち75%は男性で、25%が女性でした。(2017年は該当データなし)

寄付

アナログ・デバイセズは、全正社員を対象に米国内での学部教育について年間5,250ドル、大学院教育について7,500ドルまで奨学金を提供しています(米国外の金額は異なります)。

  • 北米における奨学金の額は、2016年度は696,147ドル、2017年度は1,000,205ドルでした。
  • 世界全体の教育および啓発費用:2,249,833ドル(2015年)、6,313,520ドル*(2016年)、2,143,342ドル(2017年)

アナログ・デバイセズは、以下の各種プログラムにより科学・技術・工学・数学(STEM)教育を支援しています。

  • Facilitation of Transition Year Engineering Schools teams
  • Student Robotics Competition
    • 小学校30校、参加者1,200名、決勝戦出場選手80名
  • DEIS School プログラム(学校での機会均等を実現)
    • Time to Count (リムリックの地元学校の生徒25人が参加するパイロットプログラム)
    • Time to Read (リムリックの地元学校の生徒12人が参加するパイロットプログラム)
  • Schools Business Partnership with CBS Sexton Street
  • 就職準備プログラム
  • Limerick for Engineering
    • アナログ・デバイセズのボランティア20人と企業30社の連携
  • Young Scientistのナショナル・スポンサー
    • アナログ・デバイセズのボランティア20人

また、リムリックでは高等教育給付金を提供しています。

  • UL スカラーシップ・プログラム
    • R McAdam 奨学金プログラム
  • LIT スカラーシップ・プログラム
    • 財政的に困難な人のための高等教育の機会提供
  • UCD スカラーシップ・プログラム
  • リムリックCBS
    • Eamon Dillon 奨学金

教育と継続的な成長

アナログ・デバイセズは、以下のプログラムやイベントを通じて仕事の上で成長を続けることができるように従業員にリソースを提供しています。

  • LinkedInLearning (デジタル学習ライブラリ)
    • 技術、リーダーシップ、マネジメント、ソフト・スキル、クリエイティブ、生産性ソフトウェアを含む様々なトピックに関するデジタル学習モジュールを多数提供
  • ADI Technical University
    • 当社のエンジニアの経験を広げ、社全体でエンジニアのエンゲージメントを向上
  • Software Special Interest Group (SIG)
  • Internal and External Executive Coaching
  • New College Graduation プログラム (NCG)
  • ICBE Networking の学習機会 (リムリック)
  • Management EssentialsおよびAdvanced Management:新任および既存のマネージャに部下のエンゲージメントを高め、動機と刺激を与え、チームを成功に導くために必要なコア・スキルを提供
    • ピア・ラーニング、分散学習(一度受講すれば終わりの座学ではない)、マイクロラーニング、バーチャル・クラスルーム、小グループのコーチングを組み合わせた独自の方法で学習を進めていきます。
  • Global Early Employee Exchange (GEEC)
    • 職業経験が5年以下の従業員が対象
    • 職業能力開発および専門家ネットワークの拡大
  • Annual General Technical Conference (ボストン)
    • 優秀なエンジニアとイノベーションを紹介
    • 技術プレゼンテーション、インタラクティブなワークショップ、体験型デモンストレーション
    • 地域カンファレンス
      • China Technical Conference (CTC) – Limerick Engineering Conference (ADLEC) – ADI Philippines Technical Symposium (ADTS) – Layout Technical Conference – ADI West Conference – India Technical Conference (ITS).
  • Engineers Ireland
  • MBA 協会 (リムリック)

ダイバーシティ&インクルージョン

当社のダイバーシティ&インクルージョンのミッションは、アナログ・デバイセズの発展と成長のために従業員一人ひとりの個性を尊重し、活用し、多様性を受け入れる文化を促進します。ダイバーシティ&インクルージョンは、アナログ・デバイセズのみならず、利害関係者にとっても重要なビジネス要件とみなされています。

組織的統合

ダイバーシティ&インクルージョンの組織への統合は、当社の組織構造からも明らかです。ダイバーシティ&インクルージョン担当ディレクタはHRディレクタを兼務し、報告期間中、当社執行役員であるCPO(最高人材活用責任者)(旧SVP兼最高人事責任者)に直属し、職能上の枠を超えた統合を実現し、最高レベルの運営組織に参加しています。

アナログ・デバイセズのダイバーシティ&インクルージョン・プログラム

アナログ・デバイセズは、従業員を尊重し、公正に取り扱う職場環境の実現に取り組んでいます。人種、肌の色、宗教、年齢、国籍、社会的または民族的出自、性的指向、性別、性同一性または性表現、配偶者の有無、妊娠、障害、軍歴など適用法で保護されているその他のカテゴリにより雇用、昇進、従業員報酬、雇用慣行で差別しません。更に、アナログ・デバイセズの労働者または採用候補者は差別的な意図で医療検査を強いられることはありません。

  • Pay it Forward
    • アナログ・デバイセズの優秀な女性、潜在能力の高い女性の教育を支援するプログラム。キャリア形成のために指導者を提供してもらったお返しに、当社は様々な大学プログラムに優秀な女性従業員を派遣し女性の応募者を増やす活動をサポートしたり、夏季インターンに参加してもらったり、その他様々なボランティア活動への参加を奨励しています。地元の学校でのボランティア、Girls that Codeなどに多くの女性従業員が参加しています。
  • アナログ・デバイセズのダイバーシティ・ネットワーク
    • 当社のグローバル従業員ネットワークは、専門家同士を結び付け、指導、学習、啓発の機会を提供します。また、自己啓発に役立つロール・モデルを知る機会にもなります。従業員ネットワークは、多様性を受け入れる職場環境を推進するための自発的な従業員主導のグループです。

最新のジェンダー・レポートはこちらをご覧ください。

外部のダイバーシティ&インクルージョン・イニシアティブ

  • Catalyst
    • Catalystは、世界で最も影響力のあるCEOや大手企業と連携して女性のための職場づくりを目指すグローバルな非営利団体です。組織の障壁を取り除き、先駆的な研究、実践的なツール、定評あるソリューションにより変化を推進し、女性のリーダーシップを加速します。
  • Grace Hopper
    • Grace Hopper Celebrationは、世界最大の女性技術者グループです。過去2年間、アナログ・デバイセズはGrace Hopper会議のスポンサーとなり、採用ブースを設け、多数の女性に会議に参加してもらいました。
  • UMASS Boston Female Engineering Camp
    • エンジニアは、研修を積むことで世界をより良い場所にします。学生たちは、イノベーション、持続可能性、製品設計、性能分析について学びます。このプログラムは、工学に興味がある女子生徒を対象にしています。2018年秋に高校1年、2年または3年に進級する生徒が応募できます。アナログ・デバイセズは、この1週間のキャンプに1日間女性エンジニアを派遣し、キャンプ参加者と交流し、彼女らの質問に答え、工学系のキャリアについて話をしてもらいます。
  • iWish
    • iWishは、科学・技術・工学・数学(STEM)分野でのキャリアを目指す女子中学生を励まし、勇気や動機を与えるイニシアティブです。iWishでは、会議とインタラクティブな展示を行います。会議は、ワークショップ、基調演説、STEM分野の第一線で活躍する女性との対話で構成されています。展示イベントでは、女性ロール・モデル(スーパースター、卒業生)と対話し、インタラクティブな展示スペースでは、企業が学生たちと一緒に直接、実験やデモンストレーションを行います。

地域社会のエンゲージメント

アナログ・デバイセズは、以下のプログラムとイニシアティブを通じて地域社会と関わり、地域の環境とふれあい、最高品質の企業市民とは何かを実践しています。

Medical, Dental, and Optical Mission

  • アナログ・デバイセズ・フィリピンでは、毎年ボランティアが地元の地域社会のために医療、歯科治療、眼科治療を促進するための支援活動を行っています。
  • 毎年、450人以上がこのイベントに参加しています。

Smocks Upcycling

  • 地域社会の様々な分野を支援する取り組みの一環として、Sisters of Mary Schoolと連携し、使用済みのクリーンルーム作業衣から役に立つ商品を再生するプロジェクトに参加しています。Sisters of Mary Schoolは、フィリピン社会で疎外されている貧困層のための非株式、非営利の無料の全寮制中学校です。主に高潔な志を持つ無私無欲の善意ある国内外の個人や団体からの寄付、寄贈、遺贈により維持、支援されています。
  • 2016年の参加以来、当社は総計1900着の使用済み仕事着、クリーンルーム作業衣を寄付し、鞄、枕カバー、植物ホルダー、エプロン、つばなし帽、テーブル敷きなどに生まれ変わりました。

アースデイのイベント

  • アナログ・デバイセズ・フィリピンは、市の環境資源局を通じてゼネラル・トリアス市と連携し毎年恒例のアースデイのイベントに参加しました。この日はゼネラル・トリアス市バランガイ・ナバロのイラン=イラン川の川岸で植林と河川の清掃を行いました。
  • 総勢47人のアナログ・デバイセズの従業員がイベントに参加しました。

緊急事態の準備と対応のための講義と訓練

  • 2017年、アナログ・デバイセズ・フィリピンは、国家災害リスク軽減・管理評議会(NDRRMC)の災害レジリエンス月間の行事に参加し、Manggahan小学校で防災について講義し、訓練を実施しました。
  • 総勢250人の生徒と職員がプログラムに参加しました。また、基本的な非常装備として、メガホン2個、救命キット2個、ホイッスルと懐中電灯300個を寄贈しました。

Adopt-a-tree

  • アナログ・デバイセズは従業員に環境保護への貢献を奨励していますが、その最も簡単な方法が植林です。毎年、アナログ・デバイセズ・フィリピンの従業員は果物の若木を与えられ、自宅に持ち帰り、裏庭に植えて育てます。
  • プログラムは2012年に開始し、2017年末までに3900本を超える木を植えました。

Charity Partners Program

  • 従業員は、教育、社会/慈善、文化/芸術のカテゴリの中からスポンサーとなったり寄付を提供する相手を検討する機会を与えられたりします。

Analog In Action(AIA)プログラムは、アナログ・デバイセズが事業を営む地域社会を支援するために、毎年様々なイベントを後援しています。

  • Back to School Drive
    • アナログ・デバイセズのウィルミントンの施設では、毎年、学校用品の寄付を募り、これをリュックサックに詰めて寄付しています。
    • ローウェル、リン、ウィルミントン地域の地元組織に寄付しています。これらのリュックサックは小学校の子どもたちにプレゼントされます。
  • The Giving Tree
    • アナログ・デバイセズの従業員は、ボストンにある小児医療施設The Professional Center for Child Developmentおよび退役軍人病院の入居者に寄贈を行っています。
  • Rosie’s Place
    • アナログ・デバイセズは、引っ越し業者Two Men and a Truckと連携し、Movers for Momsプログラムを毎年支援しています。
    • 女性のためのシェルターRosie’s Placeで暮らす女性のために寄付を集めます。(ウィルミントン、チェムスフォード、ノーウッド)
  • Food Drive / Coat Drive
    • アナログ・デバイセズ・ウィルミントンは隔年で、地元Wilmington Food Pantryによるフードドライブとコートドライブを交互に後援しています。
  • Wilmington Middle School Tech Fair
    • アナログ・デバイセズ・ウィルミントンの従業員数名が、Wilmington Middle Schoolの技術展Technical Fairにボランティアで参加しています。
    • 従業員は終日、生徒たちに科学の楽しさを学んでもらおうと様々な実験を行います。
  • ハビタット・フォー・ヒューマニティ – Rebuilding Lowell Together
    • アナログ・デバイセズ・ウィルミントンのボランティアが、NGOハビタット・フォー・ヒューマニティの代表者と連携して必要な住宅改修の支援を行っています。

アナログ・デバイセズのスポンサーシップは、環境と地域社会の両方のニーズに対応します。

  • Ipswich Watershed Association
    • アナログ・デバイセズは、自然を保護し、人、魚、野生動物、現在と未来の子どもたちにきれいな水を提供する活動を支援するため、Ipswich Watershed Associationに毎年寄付を行っています。
  • Wilmington School Business Partnership
    • Wilmington School Business Partnership理事会には、2人のアナログ・デバイセズの従業員がメンバーとして参加しています。
    • 教員助成金の資金集めのために毎年ゴルフ・トーナメントを開催するなど、様々な支援活動に寄付を行い、DECA組織に関わる生徒が地域や国の大会に参加できるよう支援しています。
  • Wilmington Manufacturing Intern Scholarship Program
    • アナログ・デバイセズは、ウィルミントン高等学校、Shawsheen Techの指導室と連携して、エンジニアリング・キャリアに興味を持つ生徒のインターン・スカラーシップ・プログラムへの応募を呼びかけています。プログラムでは、1年間の少額の奨学金が支給され、夏季休暇などの休暇中にインターンとして実習ができます。
  • Cradles to Crayons
    • 会社主催で参加し、ノーウッドとウィルミントンの両施設の従業員数名がボストンに行き、恵まれない小学生の子どもたちにリュックサック一杯の学用品を届けています。
  • ウィルミントンのための植樹寄付金
    • アナログ・デバイセズは、2018年春に町の目抜き通りに新しい木を植えるためにウィルミントンに寄付を行いました。
  • アナログ・デバイセズ・ウィルミントンは、ウィルミントン商工会の会員です。