紛争鉱物


アナログ・デバイセズは、健全な倫理的慣行に従うこと、紛争鉱物の調達に適用されるすべての法律および規制を完全に順守することに全力で取り組んでいます。当社は、電子機器サプライ・チェーンにおいて、道義的責任を考慮した上での紛争鉱物の調達を促すことを目的として、レスポンシブル・ビジネス・アライアンス(RBA)によって設立されたResponsible Minerals Initiative(RMI)のメンバーです。アナログ・デバイセズは、経済協力開発機構(OECD)の「紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライ・チェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」フレームワークを採用して、道義的責任を踏まえた調達を促進し、紛争鉱物に関連する報告義務を履行しています。

こちらでご覧いただける当社の紛争鉱物ポリシー(PDF形式)は、当社のマネージメント・システムの重要な構成要素となっています。

  • 倫理的慣行および適用される法律と規制の順守に対する、アナログ・デバイセズの取り組みを反映しています。
  • 電子機器製品の製造で使用されるタンタル、タングステン、スズ、金(3TG)を追跡する手法の開発において、RMIに基づく他の関係電子機器メーカーとの協力に関するアナログ・デバイセズの行動を記載しています。
  • 紛争地域および高リスク地域から調達される鉱物に関する上流サプライ・チェーンのデュー・ディリジェンスを履行するために製錬所または精製所(SOR)施設によって採用されている活動、工程、システムの評価において、アナログ・デバイセズがResponsible Minerals Assurance Process(RMAP)を支持していることを反映しています。
  • アナログ・デバイセズのサプライ・チェーンに対して、この紛争鉱物ポリシーの順守が期待されていることを通達し、サプライヤに対しては、RMI Conflict Minerals Reporting Templateを基準として使用した上で調達情報を提供するよう通達しています。