従業員の健康と安全

従業員の健康と安全は、アナログ・デバイセズの最優先事項です。これを徹底するために、様々な職能グループの代表者で構成された労働安全衛生委員会や作業部会が製造拠点に設置されています。アナログ・デバイセズの労働者は、危険性や特定疾患の発生率が高い業務には関わりません。これまでに、それらに関係した事例は確認、報告されていません。アナログ・デバイセズは、産業衛生監視の取り組みにより、職場での暴露を最小限に抑え、防止し、特定疾患のリスクを低減しています。2つの業界標準指標を使用して、世界中で傷害事故の発生やその傾向を評価しています。

事故発生率:通年で働く従業員100人あたりの要報告事故発生件数
労働損失率:通年で働く従業員100人あたりの要欠勤事故発生件数

当社の2017年の事故発生率および労働損失率は、2015年比でいずれもわずかに上昇しています。一方、2016年実績との比較では、事故発生率および労働損失率はそれぞれ11%、21%の低下となっています。全体的な安全性は常に業界平均を上回っています。


2011~2017年の事故発生率のグラフ


2011~2017年の労働欠損率のグラフ
*2017年の米国半導体産業および米国製造業については該当データなし