経済的持続可能性

アナログ・デバイセズの目標は、従業員、お客様、パートナー、投資家の皆様と持続的に成功を分かち合うべく、万全を尽くすことです。この目標を成し遂げるため、力強い技術イノベーションを推し進めています。当社の財務モデルおよびグローバルな事業運営は業界有数の水準にあり、洗練されたサプライ・チェーン管理を実践しています。経済的持続可能性については、当社の利害関係者(従業員、その家族と地域社会、当社が事業を営む地域社会、私たちが住む世界)の経済状況も検討の対象としています。

アナログ・デバイセズの普通株式はS&P 500指数の構成銘柄であり、NASDAQ Global Select Marketに上場されています。財務実績データの詳細は、アナログ・デバイセズ年次報告および米国証券取引委員会(SEC)に提出するフォーム10-Kに加え、当社の投資家向け広報活動Webサイトでご覧いただけます。アナログ・デバイセズは、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)への参加を通じて、持続可能性に関する重要なリスクおよび機会に対し、投資家や利害関係者の皆様と共同で対応に取り組んでいます。

経済的持続可能性および投資家向け広報活動に関する資料

経済的持続可能性は、財務の安定と成功の実現に向けて、アナログ・デバイセズが方法論を検討する際の対象に含まれています。この側面に関して、透明性のある有形の文書を提供することは、アナログ・デバイセズの持続可能性における経済上の軸を確立する上で、欠かせないものです。下記をはじめとする資料は、この透明性を実証することを意図しています。