ビル・オートメーション・ネットワークをデジタル化する 包括的な長距離イーサネット・ソリューションを発表

2022年05月09日 - 東京
  • ADIN2111 Schematic.

    想像を超える可能性を実現するアナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、ビル・オートメーション・ネットワーク向けに設計された包括的な10BASE-T1Lイーサネット・ソリューションを発表しました。デジタルで接続されたオートメーション機器は、冷暖房・空調から居住の快適性に至るまで、総合的なビル管理を可能にします。コントローラ、センサー、およびアクチュエータに、新製品のADIN2111による長距離イーサネット接続機能を追加することで、より効率的で持続可能なビル管理の可能性を開くことができます。ADIN2111は、電力に制約がある小型のエッジ・デバイスでの使用に最適であり、ディスクリート素子実装と比較して、最大50%の消費電力節約と最大75%のプリント基板面積の節約を実現します。

     

    ADIN2111は、ラインおよびリング・ネットワークでデータをデイジーチェーン接続できるように設計されており、建物内に敷設された既存のシングル・ツイストペア・ケーブルのインフラストラクチャを利用することで設備更新コストを削減できます。強化された診断機能により、リンク品質と障害発生位置に関するリアルタイム情報を利用して、問題を迅速かつ効果的にトラブルシューティングすることで、試運転、設置、システムのダウンタイムを削減します。IEEE 802.3cg規格に準拠したこのソリューションは、1.7kmのケーブルでイーサネット接続を可能にし、リング冗長性とModbus/TCP、BACnet/IP、KNXなどのソフト・リアルタイム・プロトコルをサポートしています。


    ADIN2111の主な特長:

    • 超低消費電力:80mW
    • 小型パッケージ:7mm x 7mm LFCSP
    • SPIホスト・インターフェースにより、MACインターフェースを内蔵したマイクロコントローラが不要
    • 16個のMACアドレスのルックアップ・テーブルを使用する高度なパケット・フィルタリングにより、優先度に基づくトラフィック管理の負荷からプロセッサを解放
    • IEEE 1588タイムスタンプのサポート


    価格と提供時期

    製品 フル生産 単価
    (1,000個以上)
    パッケージ
    ADIN2111BCPZ 生産中 6.50ドル 48-リード
    LFCSP (7mm x 7mm)
    ADIN2111CCPZ 生産中 7.20ドル 48-リード
    LFCSP (7mm x 7mm)