「テクノフロンティア2022」に初出展、「次世代の産業用通信ネットワーク」など最新ソリューションを展示

2022年07月11日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 勝史、以下:アナログ・デバイセズ)は、7月20日(水)から22日(金)にかけて東京ビッグサイトで開催されるメカトロニクス、エレクトロニクスの最新技術・製品の展示会「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2022」(主催:一般社団法人日本能率協会)に株式会社マクニカ アルティマカンパニーと共同で初出展します。

    「次世代の産業用通信ネットワーク」、「ハードウェア認証用セキュリティデバイス」、「DXを支える最先端電源製品」、「状態基準保全」の4つのカテゴリーで最新ソリューションを、デモ展示やプレゼンテーションでご紹介します。

    【出展予定製品】
    ・次世代の産業用通信ネットワーク:
      イーサネット、10Base-T1L、IO-Link®、ソフトウェアIO、デジタルIO
    ・ハードウェア認証用セキュリティデバイス:
      PUFベースのセキュリティ製品群
    ・DXを支える最先端電源製品:
      Silent Switcher®、µModule®
    ・状態基準保全:
      ADI OtoSense™ スマートモーターセンサー/クオリティ・コントロール、機械学習可能な開発プラットフォームCN0549
    ※出展の詳細はこちらをご覧ください。

    開催展名:テクノフロンティア2022 https://www.jma.or.jp/tf/index.html
    会期:7月20日(水)~22日(金)10:00~17:00
    会場:東京ビッグサイト 東1~3ホール
    ブース番号:1C-12
    入場料:無料(事前登録が必要)

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ (NASDAQ: ADI) は、現代のデジタルエコノミーの中心で事業を展開し、アナログ・ミックスド・シグナル、パワー・マネジメント、RF、デジタル&センサー技術などの包括的な組み合わせをもって、実世界の現象を実用可能な情報に変換します。アナログ・デバイセズは、全世界の産業、通信、オートモーティブ、コンスーママーケットの125,000を超えるお客様に、75,000以上の製品で対応しています。https://www.analog.com/jp
  • Editor's Contact Information
Stay Informed