暗号技術で製品を保護し、1-Wire®で容易に後付けも可能なセキュア認証用ICを発表

2022年05月25日 - 東京
  • 想像を超える可能性を実現するアナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、製品の偽造や誤使用を検出して保護するためのソリューションを簡単に安価に構築可能な、1-Wire ECDSAセキュア認証用ICのDS28E30を発表しました。DS28E30は、業界標準のECDSA(FIPS 186楕円曲線デジタル署名アルゴリズム)に基づく固定機能暗号ツールボックス、鍵やアプリケーションデータ用のセキュアストレージ、および単一接点の1-Wireインタフェースを組み合わせることで、既存または新規の設計に最小限の開発工数で簡単に組み込むことができます。

    DS28E30は、使用回数や期間に制限が必要なツール、センサー、ペリフェラル製品の使用管理を可能にするセキュア機能を提供します。
    これには、リセット不可能な単調性のデクリメント専用カウンタや、ECDSAによる保護を選択可能で最終製品のライフサイクル情報を含むアプリケーションデータを格納するための1Kビット汎用EEPROMなどが含まれます。

    DS28E30の主な特長:

    • FIPS 186 ECDSA-P256ベースのチャレンジ&レスポンス認証
    • 相互接続時の要件を最小にする単一ピンの1-Wireインタフェース
    • 真正性を保証するADIの公開鍵証明書はプログラムされて出荷
    • ユーザーメモリ、鍵、証明書用の3KビットキュアEEPROM
    • 広い動作範囲:1.62V~5.25V、-40℃~+85℃
    • 小型4ピンWLP (1.2mm x 1.4mm、0.5mmピッチ)

    単価および出荷時期

    製品

    量産出荷

    単価

    パッケージ

    DS28E30

    出荷中

    $0.66
    (1,000個受注時)

    4ピンWLP



  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ (NASDAQ: ADI) は、現代のデジタルエコノミーの中心で事業を展開し、アナログ・ミックスド・シグナル、パワー・マネジメント、RF、デジタル&センサー技術などの包括的な組み合わせをもって、実世界の現象を実用可能な情報に変換します。アナログ・デバイセズは、全世界の産業、通信、オートモーティブ、コンスーママーケットの125,000を超えるお客様に、75,000以上の製品で対応しています。https://www.analog.com/jp
  • Editor's Contact Information
Stay Informed