「Ethernet & IP @ Automotive Technology Day」に出展

2022年10月26日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 勝史、以下:アナログ・デバイセズ)は、11月9日(水)、10日(木)の両日、パシフィコ横浜ノースで開催される車載イーサネット規格に関する最新ソリューションを紹介するイベント「Ethernet & IP @ Automotive Technology Day」(主催:IEEE SA)にゴールドスポンサーとして出展します(ブースNo.30)。ブースでは、最新の車載イーサネット規格「10BASE-T1S」を活用した製品を実際のアプリケーションでご紹介し、さらにゾーン・アーキテクチャ対応製品のデモを行います。
    また、10BASE-T1Sを活用した生産開始予定の最新アプリケーションについて、アナログ・デバイセズのOEMパートナーであるBMW社と共同講演を行います。

     

    ■アナログ・デバイセズ 講演概要
    【E2B(イーサネットtoエッジ・バス)の10BASE-T1Sによりアンビエント照明アプリケーションにおけるソフトウェアをセントラライズしたゾーン・アーキテクチャの実装例】
    日時:11月9日(水)11:00 ~11:30
    ルーム番号:G413
    講演者:フィオン・ハーレー(Fionn Hurley)
    アナログ・デバイセズ オートモーティブ・コネクティビティ マーケティング マネージャー
    ピーター・ウィルムス(Peter Wilms)
    BMW インテリア・ライティング 開発エンジニア

     

    開催展名:Ethernet & IP @ Automotive Technology Day https://standards.ieee.org/events/automotive/
    会期:11月9日(水)~10日(木)
    会場:パシフィコ横浜ノース4F
    神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-2
    ブース番号:No.30
    入場料:有料イベントです。チケットに関する詳細は公式ページ
    https://standards.ieee.org/events/automotive/ )をご参照ください。

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ(NASDAQ: ADI)は、物理的世界とデジタル世界の架け橋となり、インテリジェント・エッジでのブレークスルーを実現する、グローバルな半導体企業です。アナログ・デバイセズは、アナログ、デジタル、そしてソフトウェアの技術を組み合わせて、工場のデジタル化、モビリティ、デジタル・ヘルスケアの進歩に寄与し、気候変動に取り組み、高い信頼で人と世界とを接続するソリューションを実現しています。2022会計年度の収益は120億ドルを超え、世界で約25,000人の従業員と125,000社のお客様を擁するアナログ・デバイセズは、現代の革新者たちに「想像を超える可能性」を提供します。https://www.analog.com/jp
  • 登録商標・商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。
  • Editor's Contact Information
Stay Informed