「ITmedia Virtual Expo 2021 春」に出展

EXPO内「組み込み開発&エレクトロニクス・AI EXPO」にて、最新技術とソリューションをご紹介

2021年02月11日 -東京
  • 想像を超える可能性を実現するアナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 勝史、以下アナログ・デバイセズ)は、2021年2月16日(火)~3月19日(金)に開催される「ITmedia Virtual Expo 2021 春」(主催: ITmedia Virtual EXPO 実行委員会、開催: オンライン)の「組み込み開発&エレクトロニクス・AI EXPO」において、株式会社マクニカ アルティマカンパニーと共同でシルバー・スポンサーとして協賛し、AI認識、IoT&環境センシング、加速度センサー活用術、振動計測&予知保全、パワー・エレクトロニクス、レーダーセンサーのソリューションをご紹介します。

    また、展示内容に関連したオンラインセミナー「マイクロ波・ミリ波 MIMOレーダーセンサーセミナー」、出展する電源評価ボードのプレゼントキャンペーンを実施します。お早めにお申し込みください。

    【出展内容】
    ・新規開発のアイデア満載!最新のアナログ技術
    新たなIoTソリューションを可能にする空気質や液体の計測、複数の加速度センサーを組み合わせたデータロガー、汎用品による高耐圧絶縁電源ソリューションなど、新規開発に役立つ最新のアナログ技術をご紹介します。
    ・新規アプリケーション開発を加速するハードウェア+αのご提案
    ジェスチャーセンサー・LiDAR・ToF+AI認識、振動計測+予知保全+クラウド、レーダーセンサー+位置・速度・心拍/呼吸センシングなど、新規アプリケーション開発を加速するハードウェア+αをご提案します。
    出展内容詳細:https://ve.itmedia.co.jp/em/2021s/embedded#5fd87c97f2edf7103a1d2cb9-29ac2c78b693fe73b5631273

    【展示内容に関連したオンラインセミナー】
    ・マイクロ波・ミリ波 MIMOレーダーセンサー セミナー <無料>
    ・2月26日(金)13:00~14:00
    アナログ・デバイセズの無線ICとシャープタカヤ社の信号処理技術を用いたマイクロ波・ミリ波MIMOレーダーセンサーをご紹介します。マイクロ波・ミリ波のMIMOを用いたレーダーセンサーは免許不要で複数の対象の距離と速度を測定できる注目のテクノロジーになります。レーダーのアプリケーション開発に必要な技術を学びたい方や、レーダーの特徴を学んで利用を検討したい方はぜひご参加ください。
    セミナー詳細:https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/events/analog_devices/133191

    【電源評価ボードプレゼントキャンペーン】
    ・(数量限定) アナログ・デバイセズ電源ICを簡単評価!電源ボード プレゼントキャンペーン
    キャンペーン詳細:https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/articles/analog_devices/134255/


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed