プレス・リリース

Contact 坪井 美樹

Elgama-Elektronika、アナログ・デバイセズのmSure®技術を採用した電気メータを開発

2019年11月13日 - 東京
  • Elgama-Elektronika to Design Electricity Meters with ADI mSure Technology

    想像を超える可能性を実現するアナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、リトアニアに拠点を置く静電気測定器メーカーElgama-Elektronika社との提携を発表しました。Elgamaは、電力会社が遠隔から現場のメータの精度を監視できるように、アナログ・デバイセズのmSure®診断技術を採用した電気メータを設計します。これにより、メータの耐用年数が伸び、メータのサンプル試験の全体的なコストも削減されます。また、世界の盗電量の10%はメータの改ざんによるもので、電力会社は欧州だけで約1,000億ドルの収益を失っています。アナログ・デバイセズのmSure技術は、様々なタイプのメータ改ざんを特定する実用的なインテリジェンスを提供します。ElgamaはmSure技術を採用したメータを2020年末までに市場に投入する予定です。

    Elgama-Electronikaで最高技術責任者(CTO)を務めるNerijus Kruopis博士は、次のように述べています。「電気メータの状態を直接測定した値に基づくインテリジェンスは、仕様外のメータの特定、メータの誤動作の検出、様々な改ざんの特定と定量化に貢献し、電力会社の迅速で確実な判断に役立つでしょう。mSureは、これらの目標の達成とメータ再検証コストの最適化に向けた有望なソリューションです。アナログ・デバイセズはこの分野の豊富な経験があり、私たちの課題をよく理解しています。現場でメータの精度を検証するには高い費用がかかる上、顧客に不便を強いることになります。mSure対応メータは、フル稼働時でもメータの機能に影響を与えずに測定機能全体の精度をチェックできるため、費用削減と顧客サービス向上に直結します。私たちは既に電力会社数社との技術的な対話を始めており、メータの高精度を確保するための標準技法としてmSure技術の実装を促進していきます」

    現在、電力会社は全運用寿命にわたるメータ資産の管理の際に、個々の現場に応じてメータをチェックしています。このため、交換の必要性ではなく、製品の使用期限が来ただけで交換したり、誤った改ざんアラートを調査することなどが起こります。mSureと分析サービスを組み合わせれば、メータの精度を直接監視し、個々のメータの状態に関するデータをレポートすることで、メータの誤動作と改ざんの両方をより正確に特定できます。mSure対応メータが生成する生データは、クラウドベースの分析サービスに送信されて処理されます。電力会社は運用中の全てのメータに関するレポートを指定した間隔で実行できます。

    アナログ・デバイセズでエネルギー事業部担当ディレクターを務めるVitaly Goltsbergは、次のように述べています。「私たちは、Elgamaのような企業がアナログ・デバイセズのメータ診断技術を採用し、彼らの顧客である電力会社のニーズに応えるのを嬉しく思います。mSureにより、電力会社は個々のメータごとにメータの精度を監視すると共に、先進的なメータ改ざん検出機能によって収益を保護できます。アナログ・デバイセズのエッジtoクラウドのメータ分析ソリューションは、運用コストと設備投資の削減、リスクの低減、収益の保護、自社ブランドの信頼性向上をもたらす実用的なインテリジェンスを電力会社に提供します」

    mSureの詳細については、http://www.analog.com/msureをご覧ください。


    Elgama-Elektronikaについて

    ELGAMA-ELEKTRONIKA Ltd.はバルト地方における静電気測定器の大手メーカーであり、四大陸にわたる20カ国以上で業務を展開しています。同社は住宅、商業、工業部門で利用される多彩な電力測定/制御/管理機器の開発と製造を行っています。またパートナーとの提携により、測定データ管理レベルで電力会社のニーズに応えるスマート・メータリング・ソリューションを提供しています。詳細については、www.elgama.euをご覧ください。

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • 将来予測に関する記述

    本リリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)のセーフハーバー条項に該当することを意図した、将来予測に関するアナログ・デバイセズの記述が含まれます。これらの将来予測に関する記述には、当社の現時点での期待、確信、前提、推定、予想、およびアナログ・デバイセズとElgama-Elektronikaが業務を行う業界と市場に関する予測に基づく、遠隔からの精度監視機能と強化された改ざん検出機能を提供するアナログ・デバイセズのmSure®技術をElgama-Elektronikaが採用したことに関連して予想される機会、利益、および製品性能に関するアナログ・デバイセズの記述が含まれます。本リリースに含まれる記述は将来的な業績を保証するものではなく、本質的に不確かであり、予測することが困難な一定のリスク、不確実性や前提を伴います。したがって、実際の帰結と結果はこのような将来予測に関する記述に示されるものとは大きく異なる可能性があり、またこのような記述は、本プレス・リリースの日付以降のアナログ・デバイセズの予測または確信を示すものではありません。将来予測に関する記述中に記載、暗示、または予測された結果と、実際の結果との間に大きな乖離を生じさせる可能性がある重要な要因には、アナログ・デバイセズの製品、技術、およびソリューションおよび/またはアナログ・デバイセズの製品、技術、またはソリューションを組み込んだ製品の設計、開発、製造、およびマーケティングの困難または遅れと、アナログ・デバイセズが米国証券取引委員会に提出した直近の報告書に記載されているその他のリスク要因が含まれます。アナログ・デバイセズは当社の将来予測に関する記述を更新する義務を負いません。

  • Editor's Contact Information
Stay Informed