プレス・リリース

Contact Linda Kincaid

アナログ・デバイセズのKatsu Nakamura(中村勝史)がIEEEフェローに任命

~デジタル画像処理集積回路の開発リーダーの功績により、IEEE会員の最高位であるIEEEフェローに任命~

2019年01月23日 - 東京
  • Katsu Nakamara

    アナログ・デバイセズ社NASDAQADIは本日、アナログ・デバイセズの技術フェローであるKatsu Nakamura(中村勝史)博士が、デジタル画像処理集積回路の開発におけるリーダーとしての功績により、IEEEフェローに任命されたことを発表しました。IEEEフェローはIEEE会員の最高位で、技術者コミュニティでは権威が高く、栄誉ある称号であり、重要な職務実績とみなされています。1年あたりのフェロー任命数はIEEEのメンバー以上の資格をもつ会員数の0.1%以内と決められています。

    Nakamura博士はアナログ・デバイセズで25年近くにわたりキャリアを積み重ねてきました。1994年に高速コンバータ事業部の上級設計技術者としてアナログ・デバイセズに入社し、組み込みアプリケーション用CMOSデータ・コンバータの初期の技術開発に携わりました。その後、デジタル画像処理技術の開発リーダーとして活躍し、2011年、コンスーマ・プロダクト・グループでプロダクトライン・ディレクターに就任。2018年より、医療およびコンスーマ・ビジネス・ユニットの技術戦略を主導しています。2005年には民生用画像処理市場におけるアナログ・デバイセズの技術的飛躍と売上の躍進への貢献が認められ、アナログ・デバイセズの技術フェローに任命されています。

    Nakamura博士は1992年SRC Investor's Recognition Awardsの共同受賞者であり、20件以上の米国特許を取得し、現在出願中の特許が数件あります。また、2006年度EE Times ACE Innovator of the Year Awardの最終候補にも選出されています。カーネギー・メロン大学で電気工学専攻の工学士号、電気およびコンピュータ工学専攻の工学修士号および博士号を取得しています。

    IEEEについて
    IEEEは、人類社会に有益な技術革新の前進に貢献すべく設立された世界レベルの専門家組織です。現在、世界160か国以上に400,000人を超えるIEEE会員がいます。IEEEは、航空宇宙システム、コンピュータ、テレコムから医用生体工学、電力、コンスーマ・エレクトロニクスに至るまで幅広い分野における国際規格の先駆者です。

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed