58V入力、4A、低EMIのµModuleレギュレータ「LTM4653」を発表

~入力と出力のフィルタをパッケージ内に集積、EN55022 BのEMC規格に準拠~

2018年04月30日 -東京
  • LTM4653_300x300

    アナログ・デバイセズ社NASDAQADIは本日58V入力の降圧µModule® レギュレータ「LTM4653」の販売を開始しました。LTM4653は、ファクトリ・オートメーション、産業ロボット、通信インフラ、航空電子システムなどのノイズの多い環境で、安定化されていないまたは24V48Vの間で変動する入力電源で安全に動作します。LTM4653は入力と出力のフィルタをパッケージ内に集積しており、情報技術機器を対象とするEN55022クラスBEMC規格に準拠しています。低EMIアーキテクチャにより、テストおよび測定システム、画像処理システム、RFシステムなどの信号処理アプリケーションに最適です。LTM4653のアーキテクチャはアナログ・デバイセズのµModuleレギュレータ LTM465158V入力、4A反転)と同じなので、LTM4651LTM4653の組み合わせは、システム内で1対の正電圧と負電圧を生成するのに最適です。


    ■LTM4653の特長

    • 完全な低EMIスイッチ・モード電源
    • EN55022クラスB準拠
    • 広い入力電圧範囲:3.1V58V
    • 出力電流:最大4A
    • 出力電圧範囲:0.5V~入力電圧の94%
    • 入力、負荷、温度(40125)の全範囲における全DC出力電圧誤差:±1.67%
    • 複数のLTM4653による並列接続と電流分担
    • アナログ出力電流インジケータ
    • 入力電圧制限を設定可能
    • 15mm × 9mm × 5.01mm BGAパッケージ

    出力電圧は、1本の抵抗を接続することで0.5V~入力電圧の94%の範囲で調整可能です。この広い出力電圧範囲によって、3.3V5V12V24Vの共通システム・バス電圧を1つの製品から自由に生成できます。24V入力から5V出力を得る場合のピーク効率は92%です。LTM4653は、48V入力、5V出力のとき、ヒートシンクも空気流もない状態で、最大70℃の周囲温度まで4Aの出力電流を供給します。複数のデバイスを並列に接続して、より大電流のアプリケーションに対応できます。スイッチング周波数は1本の外付け抵抗で調整可能であり、250kHz3MHzの範囲の外部クロックに同期させることもできます。


    LTM4653は、スイッチング・レギュレータ・コントローラ、パワー・スイッチ、インダクタ、EMIフィルタ、および他の周辺部品を15mm × 9mm × 5.01mmBGAパッケージに収めています。設計を完了するために必要なのは、入力と出力のバルク・フィルタ・コンデンサと1個の出力電圧設定用の抵抗だけです。LTM4653の動作温度範囲は-40℃~125℃です。



    価格と提供時期

    製品 量産出荷 1,000個受注時の単価 パッケージ
    LTM4653 出荷中  $12.55ドル~ 15mm x 9mm x 5.01mm BGA


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed