4チャンネル24GHzレシーバ・ダウンコンバータ「ADF5904」を発表

省スペースのパッケージで業界最良のローノイズとパワー性能を提供

2015年05月22日 -東京
  • ADF5904アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は、本日、ローノイズおよび高いリニアリティ、低消費電力という業界最高の性能を組み合わせた高集積4チャンネル24GHzレシーバ・ダウンコンバータMMIC 「ADF5904」を発表しました。このADF5904は、競合製品と比較して消費電力を50%削減するとともに、3dBも良好な10dBのノイズ・フィギュアを実現しています。ADF5904は、小型でコスト効率の良い5×5mm LFCSPプラスチック・パッケージで提供されます。各デバイスの4個のオンチップ受信チャンネルは、それぞれのアンテナへのシンプルなシングル・エンド接続を用いることにより、RF伝送ラインの設計およびPCBのレイアウトを簡素化し、ボード・サイズを縮小します。また、4個の受信信号を同時に直接処理して、ADIの4チャンネルA/Dコンバータの各チャンネルに簡単に接続する高品質で高振幅のベースバンド信号を生成します。ADF5904は、集積温度センサーも搭載しているため、システムの組立テストの際に調整するための時間とリソースを要する個別センシング部品が不要になります。

     

    ADF5904は、車載ADAS、マイクロ波レーダー・センサー、および産業用レーダー・システムなどの、デジタル・ビーム・フォーミングを用いるマルチチャンネル・レシーバ高周波アプリケーション向けに設計されています。これらのアプリケーション環境下では、エネルギー効率がシステムの設計上、重要な検討事項となりつつあります。ADF5904の24GHzレシーバは、全体的な消費電力を競合RF技術よりも低く抑えながら、最高クラスの受信感度を提供することにより、これらのアプリケーションやその他のセンサー・アプリケーションを実現します。

     

    ADF5904レシーバ・ダウンコンバータの特長:

    • 4個の受信チャンネル
    • Rxチャンネル・ゲイン:22 dB
    • ノイズ指数(NF):10 dB
    • P1db:-10dBm
    • 消費電力:0.5mW(4チャンネルすべてがパワー・オンの場合)
    • LO入力範囲:-8dBm~+5dBm
    • RxとIFのアイソレーション:30dB
    • RF信号帯域幅:250MHz
    • アナログ入力±5°のオンチップ温度センサー


    価格と供給について
    下記表中の価格は、米国での販売価格です。

    製品 サンプル出荷
    量産出荷 単価 パッケージ
    ADF5904WCCPZ
    ADF5904WCCPZ-RL7
    出荷中 出荷中 22.50ドル
    (1,000個受注時)
    5mm×5mm
    32ピンLFCSP
    EV-ADF5904SD2Z 
    Evaluation Board
    出荷中 出荷中 1ユニット
    400.00ドル
    -




  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは、半導体製品とソリューションを提供しています。
    1965年に設立され、世界をリードする信号処理技術で「アナログとデジタル」「夢と現実」との懸け橋を担ってきました。
    50周年という節目を迎え、「想像を超える可能性を」という新たなスローガンを掲げ、イノベーションを加速し、ブレークスルーを生むソリューションをお客様と共に切り拓いていきます。http://www.analog.com/jp
  • Editor's Contact Information
Stay Informed