プレス・リリース

Contact Bob Olson

FPGAメザニン・カード「AD9250-FMC-250EBZ」を発表

JESD204B準拠のA/DコンバータとFPGAとの接続を簡素化

2013年02月27日 - 東京
  • 20130227_AD9250-FMC-250EBZ-RGB-400x400-72dpi-Webアナログ・デバイセズ社は、本日、JEDECのJESD204B SerDes(シリアライザ/デシリアライザ)技術を組み込んだ、FPGA開発プラットフォーム互換のFPGAメザニン・カード(FMC)「AD9250-FMC-250EBZ」を発表しました。AD9250-FMC-250EBZは、JESD204B準拠の高速A/DコンバータとFPGAの接続を簡素化し、デジタルやアナログ設計者がシンプルにかつ迅速に試作できるようになります。

    JESD204B準拠のFPGAメザニン・カード、AD9250-FMC-250EBZについて

    AD9250-FMC-250EBZは、FMC規格に準拠した外形寸法(フォームファクタ)のカードに、高速なJESD204Bインターフェースを備えたデュアル14ビット・データ・コンバータ「AD9250」を2つ搭載しました。そのため、サンプリング周波数が250MSPSで分解能が14ビットのA/Dコンバータを4チャンネル提供できます。搭載した2つのA/Dコンバータはいずれも、サブクラス0とサブクラス1のディタミニスティック・レイテンシ規格に準拠しています。さらに、4つすべてのチャンネルで高精度な同期を可能にするSYNCREF信号を供給できます。これにより、FPGAを使ったさまざまな大量の数値計算を必要とするアプリケーションにおいて、ザイリンクス社のFPGA製品「Kintex-6/7」や「Virtex-6/7」との迅速な接続と優れた機能を提供します。

    AD9250-FMC-250EBZは、マルチステージ構成の差動パイプライン・アーキテクチャを採用しており、出力のエラー(誤り)訂正ロジックを集積したADコンバータを搭載しています。クロック信号は、内部クロック・ソース、もしくは外部クロック・ソースから供給可能です。サンプリング制御のカスタマイズに向けた外部トリガー入力や、多ピン・コネクタ、フロントパネルI/Oを備えており、これらを伝導冷却路として構成も可能です。さらに、シリアル通信バスを搭載しました。これを介して、サンプリング周波数やアナログ入力ゲイン、オーバーレンジ検出などのフレキシブルな制御が可能になります。このほか電源や温度の監視機能も組み込み、未使用の機能に対する電力供給を遮断したり、FPGAメザニン・カードを過熱から保護する数種類のパワーダウン・モードを提供可能です。

    価格と供給について

    下記の価格は、米国での販売価格です。

    製品 量産出荷 価格
    AD9250-FMC-250EBZ 4月9日 $565.00

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed