プレス・リリース

Contact Edie Lawlor Kramer

低コストの8チャンネル超音波レシーバ「AD9675」を発表

・RFデシメータとJESD204Bシリアル・インターフェースを搭載
・8チャンネル超音波アナログ・フロントエンド(AFE)で、I/Oデータ配線の削減、設計の簡略化、システム処理の軽減を実現

2013年02月26日 - 東京
  • 20130226_AD9675_PRアナログ・デバイセズ社は、本日、RFデシメータとJESD204Bシリアル・インターフェースを搭載した8チャンネルの超音波アナログ・フロントエンド(AFE)「AD9675」を発表しました。ミッドエンドからハイエンドの携帯型やカート型の医療機器や、産業用超音波システムなどの用途に適しています。AD9675では、LNA(ローノイズ・アンプ)や可変ゲインアンプ、アンチエイリアス/フィルタ、14ビットA/Dコンバータをそれぞれ8チャンネル分集積しました。業界最高レベルのサンプル・レート(125MSPS)とSNR性能(75dB)により、超音波画像の品質向上に貢献します。RFデシメータを集積したことで、A/Dコンバータをオーバサンプリングさせることが可能になりSNR性能を高められます。この結果、低いデータI/Oレートでも画像品質を改善できるようになりました。伝送速度が5GbpsのJESD204Bシリアル・インターフェースを採用したことで、他のデータ・インターフェース規格を使った場合と比べて、超音波システムのI/O配線を最大で80%削減します。これらの特長は、超音波システムのボード設計を簡略化するだけでなく、データレートの高速化やチャンネル数の拡張、高解像度化といった業界の要求に応えることを可能にします。「AD9674」はAD9675と基本機能は同じですが、業界標準のLVDSインターフェースを搭載しています。

    AD9675とAD9674は、144ボール、10mm×10mmのBGAパッケージでボード面積の削減を可能にします。「AD9670」や「AD9671」とのピン互換性を確保しているため、コスト削減が求められたり、デジタル機能が限定されたりするアプリケーションの設計への移行を容易にします。

    価格、供給、および関連製品について

    下記の価格は、米国での販売価格です。

    製品
    サンプル供給
    量産出荷 1000個受注時の単価 パッケージ
    AD9675
    出荷中
    2013年4月 $68.00 144ボール10mm×10mm BGA
    AD9674
    出荷中
    2013年2月 $62.00 144ボール10mm×10mm BGA


     


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed