プレス・リリース

マルチチャンネル電力量計測チップ「ADE7816」を発表

・広範囲の監視アプリケーション向け
・優れた柔軟性と拡張性を提供

2012年03月22日 - Norwood, MA
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、最大6個の電気回路の電力消費と電力品質を監視するシングルチップの電力量計測AFE(アナログ・フロントエンド)ADE7816」を発表しました。このADE7816電力量計測AFEは、データセンターの配電ユニット、電力監視や管理システム、そしてマルチチャンネル電気メータ向けに設計されています。また、この新しいAFEは1個の電圧と最大6個の電流チャンネルの測定ができるだけでなく、回路ぞれぞれの電力利用と電力品質データを高精度に測定します。標準のマイクロコントローラと接続できるので、ADE7816は構成が固定されたSoC(システム・オン・チップ)デバイスの場合よりも、多くのプロセッサ・フレキシビリティとペリフェラル・オプションが必要とされるアプリケーションに最適です。さらに、複数のADE7816電力量計測AFEを単一のアプリケーション・プロセッサに接続できるため、拡張性が高く、コスト効率の優れたソリューションを実現します。

    ADE7816電力量計測AFEの特長

    価格、供給について

    下記表中の価格は、米国での販売価格です。

    製品 サンプル供給 量産出荷 1,000個受注時の単価 パッケージ
    ADE7816 出荷中 出荷中 6.35ドル 40ピンLFCSP
    (リード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ)

    顧客の製品の差別化に貢献する、ADIの電力量計IC
    ADIの技術を採用した電力量計は世界で3億5千万件以上設置されており、業界トップクラスのシェアを得ています。ADIの電力量計ICは品質、信頼性および性能面で優れており、A/Dコンバータ(ADC)と固定機能DSPとを組み合せることで、卓越した機能と使い易さの提供と正確な測定を行います。ADIは、電力量計測、データ管理、パワー・マネジメント、ユーザ・インターフェース、RF、GSM/GPRS、さらに電力線の搬送通信ソリューションを含む計測システムのあらゆる設計課題を解決する、幅広い半導体ソリューションを提供しています。

    • ユーザが選択した多種多様のマイクロコントローラ構成との接続により、柔軟なシステム設計をサポート
    • 単一のアプリケーションMCU(マイクロコントローラ)に複数のADE7816を用いることで、拡張性の高いシステム設計が可能
    • 柔軟なシステム設計により、シャントやロゴフスキー・コイル、電流トランスをサポート
    • 汎用性の高いI2CやSPI(シリアル・ポート・インターフェース)、およびリアルタイムに波形サンプルへアクセス可能なHSDC(高速データ・キャプチャ)を提供
    • 最高6個の単相電力量計ICを置換えることができ、ボード面積とコストを節減
    • 既にフィールドで実証済みのADIの技術を用い、有効/無効電力、瞬間rms電圧や電流を含む、課金用電力量計測で求められる高い精度での測定が可能
    • 過電圧、過電流、ピークおよびサグ(下降変動)検出を含む、電力品質に関する情報を集積し、開発時間を節減
    • ダイナミック・レンジ3000:1にわたって有効/無効電力について、業界をリードする測定誤差0.2%未満、クラス0.5で課金用電力量計に対応する高い精度
  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

Stay Informed