複雑な任意波形発生機能を搭載した180MSPS DDS機能内蔵D/Aコンバータ2製品を発表
クワッド12ビット「AD9106」、シングル14ビット「AD9102」

・部品点数を削減し、複雑な波形の反復発生を必要とするアプリケーションを簡素化
・シングル・チップのオプションを提供

2012年12月12日 -東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、複雑な任意波形を発生させるオンチップのスタティック・ランダム・アクセス・メモリ(SRAM)と、ダイレクト・デジタル・シンセサイザ(DDS)を集積した、180MSPS波形発生器内蔵D/Aコンバータ2製品、12ビットクワッド・チャンネルの「AD9106」と14ビットでシングル・チャンネルの「AD9102」を発表しました。これらの新しいD/Aコンバータは、高速で高ダイナミック・レンジのマルチチャンネルの複雑な波形を生成します。そのため、超音波トランスデューサ励起、医療用計測機器、携帯型計測機器や信号発生器、さらに任意波形発生器などのアプリケーションに適しています。


    オンチップDDSは、24ビットのチューニング・ワードで最高180MHzまで動作します。これにより、10.8Hz/LSB(最下位ビット)の周波数分解能が実現します。またすべてのD/Aコンバータに対する単一周波数出力と各D/Aコンバータに対する独立したプログラマブル位相偏移出力を提供します。パターン・データには、SRAMに保管された波形データの直接出力データ、DDS出力の振幅変調のためのSRAM内データ、あるいはSRAMからのDDS周波数チューニング・ワードによるチャープ変調や周波数偏移変調(FSK)を提供するためのデータが含まれます。パターン・コントロール制御のためのステート・マシンを内蔵しているので、ユーザーはすべてのD/Aコンバータに対するパターン周期、各D/Aコンバータ・チャンネルの信号出力に対するパターン周期内でのスタート遅延、さらに、パターンの繰り返し周期をプログラミングすることができます。シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)を用いれば、デジタル波形発生器を構成し、パターンをSRAMにロードすることができます。


    D/Aコンバータ出力波形発生器「AD9106/AD9102」の特長:


    価格、供給、および関連製品について


    下記の価格は、米国での販売価格です。


    製品 サンプル供給 量産出荷 分解能(ビット) チャンネル数 サンプル・レート (MSPS) 1,000個受注時の単価 パッケージ
    AD9106 出荷中 出荷中 12 4 180 $15.00 32ピン
    5×5mm LFCSP
    AD9102 出荷中 2013年1月 14 1 180 $12.35 32ピン
    5×5mm LFCSP

    ADIの関連製品には、低ノイズ低歪オペアンプ「ADA4817」、低ノイズ差動アンプ「AD8129」、および低ジッタ・クロック配分IC「AD9514」があります。


    ※調査会社データビーンズ社の市場調査報告「2012 Analog」で、アナログ・デバイセズ社は、世界のデータ・コンバータ市場でシェア48.5%とトップで、市場をリードしています。ADIの48.5%というシェアは、他の競合他社の合計よりも大きな市場シェアを誇ります。


    • オンチップ4,096ワード・パターン・メモリ
    • 24ビット・チューニング・ワードのオンチップDDS
    • スリープ・モード時消費電力:< 5mW(@ 3.3V)
    • 電源電圧:1.8Vから3.3V
    • ナイキスト周波数までのSFDR:
      • 86dBc(@ 1MHz出力)
      • 85dBc(@ 10MHz出力)
    • 位相ノイズ:−140dBc/Hz(1kHzオフセット、180 MSPS、8mA)
    • 差動電流出力:8mA max(@ 3.3V)



  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
      Jim-Surber
    • Jim Surber
      Editor
Stay Informed